【たけしの家庭の医学】タオルにぎにぎ体操のやり方!目の緑内障予防!冷え症改善

視力回復

2019年3月5日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
冷え症を改善する科

目の冷えや冷え症を改善する
タオル握り体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

冷え症

冷え症に悩む人がツラいと感じる
「手先・足先の冷え」。

しかし、名医が警鐘を鳴らすのは、
手足以外の目の部分の冷え。

目の冷えが緑内障を引き起こすとのこと。

緑内障は眼圧が上昇し
視神経が破壊され発症すると言われています。

しかし、最新の研究でそれ以外にも
目の冷えが緑内障を発症させる
元凶であることがわかってきました。

スポンサードリンク

冷えて目の血流の低下が続くと
視神経の栄養分が不足し、老廃物が蓄積。
その結果、視神経がダメージを受け
緑内障になるといいます。

しかし、改善する方法があるといいます。


タオルにぎにぎ体操のやり方

名医考案の目&全身の冷え改善体操。

1日3分でo.k!

タオルにぎにぎ体操

『用意するもの』
タオル→2枚

輪ゴム→4本

『やり方』

1.タオルを丸めて、両端を輪ゴムでとめる。
これを2本作り、1つ1つを手に持つ

2.タオルを3割の力で握る。

3.そのまま2分キープする。

4.2分たったら力を抜いて1分間休む。



力を入れて緩めることで
血管内を血流が一気に流れ出し、
血管壁を強く刺激。

すると「NO」という血管を拡張する
働きのある物質が分泌され全身をめぐり
目の冷え安堵全身の冷えを改善できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ