【この差って何ですか】写真写りをよくする方法!プロカメラマンが伝授!証明写真も

SNS,ツイッター、スマホ

2019年7月16日放送の「この差って何ですか?」
写真うつりが「良い時」と「悪い時」の差。

写真写りをよくする方法の紹介!

スポンサードリンク

写真写りをよくする方法

今回は街で聞いて多かった写真写りに関する3つの悩み、
「笑顔が不自然になる!」
「太って見える!」
「もっと可愛く自撮りしたい!」。

そんなちょっと贅沢な悩みを一発解決するコツを、
プロカメラマンの薮田織也さんに教えてもらいます。

「笑顔が不自然になる」の解決する方法

昔から、やっている「はいチーズ」は、実は間違い。

撮る側が言うのではなくて、撮られる側が
ある言葉を言う。

この「言う言葉」のタイミングに合わせて、
シャッターを切ってもらうと「良い笑顔」がとれます。

その言葉は「ウィスキー」

「ウィスキー」と言うと、自然と口角が上がるため、
その瞬間にシャッターを切ってもらうことで、
「自然な笑顔」の写真が撮れます。


スポンサードリンク

「太って見える」の解決する方法

写真に写った時に、自分が太って見えるという人の共通点は、
「写真の端に写っている」という点。

スマホの場合は「真ん中で写る」よりも、
「左右の隅で写る」方が、「顔や体が広がって見える」

「スマホのカメラ」に使われているレンズは「広角レンズ」

そのため画面の「端」に写る物が引き伸ばされてしまう性質があるため。

では、どれくらい中央に寄って写れば、太って見えないのかというと、
横幅を10とした場合、6の範囲内に入っていれば、
あまり伸びたように見えない。

例えば4人でとる場合は、横に並ばないで、
前列2人、後列2人で立つと良いとのこと。


もっと可愛く自撮りする方法

実は「自撮り」には、誰でも「実物以上」に、
可愛く撮れる「黄金の法則」があるとのこと。

その方法はたった2つ。

①腕を上げる高さ

普通にとる撮り方は、カメラの「レンズの高さ」に、
自分の鼻を一直線にしてしまいがち。

それを、自撮りをする時に「腕を20度上げる」だけで、
「上目遣い」になり、「目がバッチリ」とした印象に!

ただ、この時、腕と一緒に「アゴをあげない」ように注意します。

②スマホの角度

スマホを傾けて自分の頭を四隅に入れる

端に行くほど歪むので、フェイスラインが
シュっとなっていく。


証明写真のうつりをよくする方法

どうして写真うつりが悪くなってしまうのかというと、
証明写真を撮る時、「アゴを引いてください」と
言われることが多いが、その「アゴの引き方」が
間違っているため。

実はアゴを引くと「二重アゴ」になりやすく、
さらに「上目遣い」になって「目線もきつく」なってしまいます。

証明写真の写りをよくするには、アゴを5cm程度、前に出すのがよい!

アゴを前に出すことによって、頬の周りの肉が
引っ張られて、普段二重アゴになる人も、
お肉が引っ張られるので、「二重アゴ」にならない。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ