サワコの部屋:鎌田式スクワット&かかと落としのやり方!鎌田實先生の100年元気に生きる術

2019年7月27日放送の「サワコの部屋」の
ゲストは鎌田實さん。

100年元気に生きる術。

鎌田式スクワット&かかと落としのやり方を紹介!

スポンサードリンク

鎌田實さん

長野県諏訪中央病院の名誉院長で
医師の鎌田實さん。

脳卒中の死亡率が全国ワースト2位だった長野県を
日本一の長寿県へと導いたと言われています。

最近では、3年間でマイナス9kgの減量を成功させた
オリジナル体操も話題の鎌田さん。

カツ丼、カレーライス、揚げ物も大好きだそうですが
食べても太らない身体になったといいます。

それは、脂肪が筋肉になり代謝が良くなったからだとのこと。

鎌田實さんはその減量法を本に出しました。

そして、“鎌田式スクワット&かかと落とし”を
伝授してくれました。



かかと落としのやり方

骨密度を上げ、骨粗しょう症予防に。

また、転倒をふせぎ、寝たきりを
防ぐことができます。


イスなどにつかまります。

1.1、2と数えながら、かかとに重心をかけて
つま先を上げる。

かかと落とし

スポンサードリンク

2.3と数えながら、つま先で立つ。 

3.4と数えながら、さらに背伸びをする。

4.5でかかとをどんと落とす。 

※腰が痛い人はゆっくりかかとを落とします。

どんと落とした時の衝撃が骨に刺激を与えて
骨密度を上げます。

10回1セットで1日3セット行います。

2ヶ月ほどでで効果がでるとのことです。



かかと落としの動画

スクワットのやり方

3段階あります。

初心者でもできるイスを使ったスクワット

1.自分の前後に椅子を用意する。

前の椅子の背に軽くつかまる。

2.足を肩幅程度に開く。

3.お尻を突き出すように座り、
うしろの椅子に軽く触れたら
ゆっくり立ち上がる

スクワット

10回を1セット行います。

1か月ほどおこないます。

※体の中で最も筋肉が多いといわれる
太ももを鍛えることで、
代謝があがり太りづらくなります。

さらに下半身の安定にもつながります。


いすなしでできる反動式スクワット

イスを使ったスクワットになれて来たら
イスなしで行います。

1.足を肩幅程度に開く。

2.手を上げ、手をおろしながら、
膝を曲げていく。

膝がつま先より前に出さないようにし
親指の根本に体重をかける。

スクワット

※手の反動を使いながらゆっくりと上下する。

3.手をあげながらひざを伸ばして立つ。

4.手を下ろして呼吸を整える

②~④を繰り返す

1セット10回を、1日3セット行います。



骨盤底筋群を鍛えるスクワット

失禁予防や腹筋なども鍛えられる鎌田式スクワット。

1.肩幅程度に足を開き、胸の前で手を組む。

2.膝を曲げてしゃがみこみ、5秒間キープ

スクワット

3.5cmお尻を上げて、肛門を閉めて5秒間キープ

10回を1セット行います。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ