顎関節症の原因の1つ食いしばり(歯の接触癖)の改善解消方法!:あさイチ

女性、美容、化粧

2019年10月21日放送の「あさイチ」の
放っておくと危ない!あごの不調

顎関節症の原因の1つであるといわれる
食いしばり(歯の接触癖)のチェック法や
改善解消トレーニングの紹介!

スポンサードリンク

顎関節症の原因の食いしばり(歯の接触癖)

顎関節症は
「あごが痛む」、「口が開かない」
「あごを動かすと音がする」といった症状がでます。

特に女性に多いといわれています。

その主な原因のひとつが、無意識にしている
「食いしばり(歯の接触癖)」や「歯ぎしり」。

通常は上下の歯は3ミリ位開いていますが
弱くても接触している(食いしばっている)ことで
筋肉が緊張してしまい、あごの筋肉のコリに
つながっていたのです。

パソコンやスマホ、料理、読書など、
下を向いて作業をするときに歯の接触は
多く起こります。

長年あご関節症に悩んでいた40代の女性、関根さんは
事務の仕事で1日8時間ほどパソコンを使って
作業していました。
そのことが「あごこり」を誘発していたのです。

また、睡眠中の歯ぎしりでもあごこりは起こります。

昼間の歯の接触を脳がクセとして覚えてしまい
寝ているときに歯ぎしりが起こるのです。

顎関節症(あごこり)チェック

「口を開き、指を縦にして3本入るか」。

2本以下しか入らなかった場合、
顎関節症の可能性があります。

※人によって指の太さなどにばらつきがありますので、
あくまでも「目安」になります。

スポンサードリンク

※顎関節症のくわしい診断基準・治療方法などは、
日本顎関節学会が公開している「顎関節症治療の指針2018」をどうぞ。

顎関節症治療の指針

歯の接触癖チェック法

歯科医師の木野孔司さんに、
無意識に歯を接触させているかどうか、
チェックする方法を教えてもらいました。

唇を閉じたときの「歯の位置」

「上下の歯が触れていない」→接触癖なし

「歯全体が触れている、前歯のみ触れている、
奥歯のみ触れている」→接触癖あり

唇を閉じたとき、どちらが楽か

「歯を離しておく方が楽」→接触癖なし

歯をつけていた方が楽」→接触癖あり

歯の接触癖改善解消トレーニング

「歯の接触癖(食いしばり)」を
解消するためのトレーニング法も
教えてくれました。

行動療法が効果的とのこと。

1.ふせん紙に歯をリラックスさせる言葉を書く
(「リラックス」、「歯を離す」、「歯をつけない」など)

2.①を部屋の目につくところに貼る

3.ふせんを見たら、脱力して歯を離すようにする

ただ、2週間ほどすると慣れてしまうので
2週間ごとににふせんの色やデザインを
変えます。

先ほどの長年あご関節症で悩んでいた関根さんも
この行動療法を行い「2ヶ月たつかたたないかで
あごの痛みがやわらいできた」といいます。

マウスピースの使い方

マウスピースも歯の食いしばり解消に効果的ですが、
正しい使い方があります。

1.就寝時のみにつける
1日中使用しているとあごの位置がずれる
可能性があるため注意が必要。

2.使用期間は2週間。
その後1週間あけ、また2週間マウスピースを
つけるようにするとよい。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ