ささみのゆで方!砂糖でしっとり!から揚げの温め方も:鶏肉専門店が教えるハナタカ

鶏のから揚げ

2019年10月24日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
専門店がみんな教えたいSP

東京・白金の鶏肉専門店「鳥彦」が教える
から揚げのあたため方や
ささみのパサパサにしないゆで方の紹介!

(2020年5月14日にも放送されました)

スポンサードリンク

チキンカレーに使うとよい肉

チキンカレーにはムネやもも肉ではなく
手羽元など骨付きの肉をつかうと美味しくなるとのこと。

それははまるごと調理すると
肉と骨から旨味がでるため。

鶏肉の皮をパリパリに焼く方法

皮をパリパリに焼く時の火加減は弱火がいい。

強火で焼くと中に火が通る前に焦げてしまう。

弱火で焼くときには火を付ける前に
フライパンに乗せてから焼くと焼きムラができにくくていい。

スポンサードリンク

さらに水を張った鍋などで重しをして焼くと
重さで皮全体とフライパンが密着して、
全体がこんがりパリパリに仕上がります。

から揚げのあたため方

から揚げは電子レンジより炊飯器であたためなおす。

1.保存袋にから揚げを入れる

2.保温している炊飯器のごはんの上にのせる

水分を蒸発させずにふっくらとなります。

ささみのパサパサにしないゆで方

『材料』
ささみ

砂糖

『作り方』
1.ささみは筋を取って砂糖を表面に塗る。

※砂糖が肉のたんぱく質と水分を結びつける

2.鍋に水と①のささみを入れてから火をつける。

※水からいれる

3.沸騰する前に火を止め、余熱でじっくり火を通す。

※水からささ身を入れ加熱し、
沸騰する前に火を止め余熱でじっくり火を通すとパサつかない

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ