体操

2020年11月5日放送の「ZIP!」のなーるほどマスカレッジ

カラダWEEK・吉田沙保里さんカラダの不思議・挑戦!

スポンサードリンク

五輪3連覇、驚異の身体能力を持つ吉田沙保里さんが、
本来人間の体が科学的にできないはずのことに挑戦。

スポンサードリンク

吉田沙保里さんは前回、絶対に出来ない事
「トランポリンを飛び続けたとに地上でジャンプする」に
チャレンジして出来てしまいました。

出来そうで絶対に出来ないこと

①「壁にかかとをつけたままモノを拾えない」

1.かかとを壁に密着したまま前にあるものをひろう

吉田沙保里さんも出来なかった。

キーワードは重心。
かかとに壁をつけるとお尻がひけずに
重心がとれずにたおれてしまう。

②「力いっぱい握った両手のグーをズラさない」

1.両手のぐーを上下に重ね
絶対に離れないように全力で固定。

2.これをもう1人がチョキで左右から軽く押す

ずれないようにすることができるか?

吉田沙保里さんも出来なかった。

グーをズラさないようにしている時は、
どうしても縦方向に力が入っているので、
力を入れていない横方向からの力に弱く、
弱い力でも簡単にズレてしまうとのこと


②「鉛筆どうしを力いっぱい押し当てたあと絶対に離せない」

1.鉛筆のお尻どうしを力いっぱい押し当てる。

2.15秒間全力で押し続けた後、力を抜いて鉛筆同士を離す

吉田沙保里さんも出来なかった。

④「手と足を別々に動かせない」

1.右足を時計回りに回しながら
右手で数字の「6」を書く

吉田沙保里さんも出来なかった。


「指2本で生卵を割れない」

1.親指と人差し指で生卵を挟んで割る(縦)

吉田沙保里さんも出来なかった。

卵の殻の構造「アーチ型」がポイント。

「アーチ型」圧力を分散させる構造で
外側からの力に対して非常に強い強度を発揮。

橋にもアーチ形構造の原理が採用されています。