あさイチ:血管伸ばしストレッチのやり方!冷え改善

ヨガ、体操、ストレッチ

2021年2月17日放送の「あさイチ」
最新 冷え改善SP

立命館大学スポーツ健康科学科教授の家光素行さん考案の
血管伸ばしストレッチのやり方の紹介!

スポンサードリンク

冷え症の女性は血管がかたくくなっている

冷え症の女性の血管を調べてみると
血管がかたくくなっている場合があることがわかりました。

でも、血管が老化してかたくなっていたのなら
伸ばしてやわらかくすれば元に戻るのでは?
ということで家光素行さんが考案したのが血管伸ばし。

血管が伸びるとその刺激によって
血管をやわらかくする物質が出てきます。

これが血管を広げて血流をアップさせてくれます。

血管伸ばしストレッチのやり方

5つのポーズを左右30秒ずつ、
1日2回(朝と夜)行ってください。

(計1日10分)

血管のばし

ふとももの血管のばし

1.正座の姿勢から両手を前につき、
片方の足を後ろに伸ばす。

2.腰を曲げずに、顔は正面を向いて、
太ももの付け根をストレッチする。

(画像の一番上の画像)



ヒザの血管のばし

1.立った姿勢で片方の足を前に出し、
両手で出したヒザを押さえる。

スポンサードリンク

2.反対の足をゆっくり曲げながら腰を引き、
ヒザの裏をストレッチする。

(画像の向かって左の画像)


ふくらはぎの血管のばし

1.正座の姿勢から、片方の足を立てる。

2.両手をヒザの上に置いて、反対の足を軽く開く。

3.胸を太ももに付けるように体を前に傾ける。

(画像の向かって右の画像)


ふともも&スネの血管のばし

1.正座の姿勢から両手を後ろについて、
片足を前に伸ばす。

2.反対の足のかかとをお尻に付ける。

(向かって左の画像)
血管のばし


ふともも(裏側)の血管のばし

1.仰向けの姿勢から片方の足を両手で抱える

2.太ももをお腹に近づける

(向かって右の画像)


注意点

・呼吸を止めない
ゆっくり呼吸を繰り返しながら
膝裏の血管を伸ばすことを意識します。

・痛気持ちい範囲で行う

・痛みを感じたら行わない

・左右の足を交代するときは10~20秒休憩する

10秒から20秒の休憩の間にストレッチした
部位の血流が増えることが分かってきています

・持病のある方は、医師に相談の上で行ってください




あさイチ 冷え改善:スー・ハーリラックス法のやり方!10分で体がポカポカni

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ