ヒルナンデス:雛人形職人松永夫婦の品のお取り寄せ!伝統工芸品!一体何者

2021年2月17日放送の「ヒルナンデス」の
ある世界で大成功!一体何者!?

職人夫婦300年歴史がある伝統工芸品。

人形の秀隆 雛人形職人・松永秀夫、明子さんの紹介!

スポンサードリンク

雛人形職人・松永秀夫、明子さん

夫婦で作る約300年の歴史がある伝統工芸品。

全国から以来殺到の職人。

起源は平安時代と言われる歴史あるもの。

伝統を受け継ぎながらも時代に合った
新しい作品を作るため、職人歴35年にして
勉強を欠かさない。

雛人形の作り方は大きく分けてて種類。

衣装をつくり着付ける衣裳着人形と、
布を溝に入れ込む木目込人形があります。

松永さん夫婦のひな人形は300年の歴史がある木目込人形。

布が埋め込まれているため、
着物が着崩れたりシワになりにくく丈夫。

しかも、最初に粘土で原型をつくるため、自由度が高い。

また、顔は専門の職人さんが表情をつけます。

今年の売上は倍ほどの1500~1600体。

人気の理由は時代の進化に合わせて進化させている着物。

ドレスのようなレースをあしらったりしています。

ひな人形の詳細、お取り寄せはこちらからどうぞ↓
工房ひな雛

♪————————-♪
お店:有限会社人形の秀隆
住所:埼玉県さいたま市見沼区蓮沼491-1
HP:★工房ひな雛
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ