【名医の太鼓判】生姜の酢漬けのレシピ!コレステロール値改善!中山秀征

しょうがの甘煮

2018年5月21日放送の「名医のTHE太鼓判!」の
「コレステロール&中性脂肪改善SP」。

ここではコレステロール値改善が期待できる
生姜の酢漬けのレシピを紹介!

スポンサードリンク

中山秀征さん

血管がパーフェクトな状態だという
中山秀征さん。

中山さんは普段の食事で納豆を食べていますが、
オイルソムリエの資格を持つ奥様の勧めで
亜麻仁油をかけていました。

亜麻仁油に含まれているオメガ3という成分に、
悪玉コレステロールを下げる働きがあるとのこと。

ただ使い方が重要で、加熱をすると
効果が落ちてしまうとのことです。

味噌汁には
カメリナオイルをかけていました。

カメリナオイルはアブラナ科の植物の
種から抽出した油で、
コレステロール、中性脂肪を下げる働きが
あります。

加熱しても成分が壊れないので味噌汁
だけでなく炒め物や揚げ物に最適。

スポンサードリンク

奥様が食事に合わせオイルを
選んでくれていたのでした。

また、幼いころから食べていたのは
自家製生姜の酢漬け。

しょうがは新陳代謝を高め
脂肪を燃焼させるといわれています。

中山秀征さんの血管がパーフェクトなのは
奥様のオイルと幼いころから食べていた
自家製生姜の酢漬けのおかげ。


生姜の酢漬けのレシピ

しょうがは悪玉コレステロール、中性脂肪を下げ、
善玉コレステロールを上げる働きがあります。

さらに、酢にもコレステロールを下げる働きがある
とのことです。

【生姜の酢漬けのレシピ】

『材料』
新生姜→400g

酢→350g

食塩→大さじ1

はちみつ→大さじ1

『作り方』
1.鍋にお酢を入れて人肌程度に温め
塩、はちみつを入れてよく溶かす。

2.水洗いした新生姜を厚めにスライスし
容器に入れる。

3.②に①を加える。

冷蔵庫で1日置けば食べごろです。

1週間を目安に食べきってください。




【名医の太鼓判】パクチ―納豆、ニラさばのレシピ!中性脂肪を抑える!石井明美

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ