【あさイチ】夏井いつきの尻から俳句!初心者におすすめ

俳句、本

2018年6月28日放送の「あさイチ」の
9時台の企画は子育て世代にこそ俳句

夏井いつきさんの初心者におすすめの
尻から俳句について紹介!

スポンサードリンク

俳句が身近に

江戸時代から、庶民の生活や心情を
映し出してきた俳句。

平成のいま、新たなかたちで
幅広い年代に広がっているそうです。

今年、俳句甲子園に
110校が参加しました。

熱いのは高校生だけではありません。

積極的に俳句を取り入れる
小・中学校が増えていますす。

東京都江東区では、
全ての公立小・中学校約70校で
俳句での教育を実践しているのだそうです。

発想力や表現力を身に付ける事が狙い
とのこと。

大人にはカジュアルに
俳句を楽しむ人が増えているそうです。

世田谷区にあるカフェでは
たんぽぽ句会が行われています。

この句会は毎回、インターネットで
参加者を募集。

作者をふせたままでお互いの句を詠み、
良いと思った句を選ぶ。

指導してくれる俳句の堀
本先生からコメントをもらえます。

誰でも俳句できるもん

スタジオでは夏井いつきさんが登場。

俳句の作り方のコツを教えてくれました。





初心者に勧めるのが尻から俳句。
「五七五」の
下の句から順に作っていく。

頭から書いていくと
意味を伝えようとしてしまうため、
無理やり言葉を押し込んでしまいがち。

①おしりの五音から考える
※季語を使わない。
例えば“ボールペン”

②お尻の五音を描写する七音を考える。

例えば“半分、黒い”

①頭の五音に、気分に合わせた季語を選ぶ。

今回は夏の季語をいつきさんが
選んできてくれました。

・風薫る
・梅雨雲
・青嵐
・油照(あぶらでり)
・夏の星

博多華丸さんは青嵐を選び

青嵐
半分、黒い
ボールペン

となりました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ