【林修の今でしょ】料理の基本講座の習い事!失敗しないだし巻き玉子&チャーハンのレシピ

玉子焼き

2017年2月7日放送の「林修の今でしょ!講座」の
「2017最新発見が続々!3時間SP」

今話題のカルチャースクール!
料理の基本を学ぶ講座

失敗しないだし巻き玉子&
チャーハンの作り方を紹介!

スポンサードリンク

料理の基本を学ぶ講座

教えてくれるのはこの道25年の
カリスマ講師
田中玲子クッキングスクールの
中村美奈子先生。

毎月500人以上を指導する大人気講師で、
料理の大事なポイントを理論的に教えています。

また、講座では、料理のポイントを
しぼって教えています。

♪————————-♪
家庭料理講座

初級
1時間30分
11300円
(月2回・材料費込)
♪————————-♪



失敗しないだし巻き卵の作り方

だし巻き玉子のポイント
①下準備
卵を混ぜる前に調味料を入れる

②焼き
強めの火加減で一気に

【だし巻き卵のレシピ】

『材料』

卵→3個

だし汁→60ml

塩→2つまみ

薄口しょうゆ→5ml

片栗粉→小さじ1/2

『作り方』

1.卵をボウルに割り入れる。

2.卵を混ぜる前にだし汁、塩、薄口しょうゆ
片栗粉を加える。

※混ぜすぎぎる水っぽくなり、風味も逃げる。
※片栗粉は凝固剤の役割をする。

3.強火で熱したフライパンに
卵液の半分以上を流し込む。

※強めの火加減で一気に焼き上げる。
強火で焦げないように一気に
仕上げたほうがフワフワに

4.箸で混ぜて全体を半熟状にする。

スポンサードリンク

ずっとそのままだと熱くなりすぎるので
時々火から離す。

5.フライ返しで巻かずに手前に寄せ
上にずらす。

※巻くことよりも火を通しすぎに注意。

6.残りの卵液の2/3を入れ液を少し入れ込む。

7.ちょっと湿っているうちに上から巻く。
それを上にずらす

8.残りの卵液を加えて液を少し入れ込み
かなり半熟の状態で手前に巻いていく。

9.巻きすで軽く巻いて
2分ほど余熱を通せばできあがり!



卵料理の応用

様々な料理に応用できます。

卵を混ぜすぎずに強火で一気に加熱することで
オムレツがふわふわに!

だし巻き玉子にいろんなトッピングを入れるのもおすすめ。

鰻まけばちょっとぜいたくな鰻巻き

カニカマを入れて巻けば
お弁当のおかずにぴったりな一品になります



パラパラチャーハンの作り方

【パラパラチャーハンのレシピ】

チャーハンのポイント
弱火でコツコツ地味に作る。

火力の弱い家庭でフライパンをあおってはダメ。

『材料』

豚バラ肉
ねぎ
干しシイタケ


こしょう
しょうゆ

固めのごはん

『作り方』

1.豚バラ肉、ねぎ、干しシイタケなどの具材を炒める。

2.塩コショウ、しょうゆ、酒で下味をつけて
火を弱める。

3.弱火で固めに炊いたご飯をいれ
5分じっくり炒める。

※パラパラにするには粘り気でくっついている米を
油でコーティングしはなれること。

4.切るように炒める。
フライパンはいっさい振らない

5.軽く炒めておいた卵を加えます。

6.再び塩、こしょう、しょうゆ、酒を入れて

最後に強火にして香ばしさをつければできあがり!


チャーハンの応用

パラパラにするコツは
ドライカレーにも応用可能。

弱火でコツコツ切るように炒めると
おいしく仕上がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ