【林修の今でしょ!講座】酢玉ねぎのレシピ!血流改善に

タマネギ、玉ねぎ

2018年9月25日放送の「林修の今でしょ!講座」。
「たまねぎ」「キムチ」「カニかま」
名医が健康長寿の秘訣として注目した
3大食材を徹底分析

ここでは西村弘行先生の
酢玉ねぎの作り方の紹介!

スポンサードリンク

玉ねぎは切ったあと常温で放置

血流改善効果をUPさせるため、
玉ねぎを切った後、水にはさらさず
常温で置いておくのがよい。

スポンサードリンク

アリシン様物質は水に溶け出す特性があり、
5分さらすだけで約50%以上が失われるとのこと。

常温で長く置いておくことでアリシン様物質は
硫化プロペニルに変化、血小板が固まるのを防いで
血流改善効果があります。

硫化プロペニルを生み出すには2時間程度
常温で放置する必要があります。

酢玉ねぎのレシピ

玉ねぎ博士、西村弘行先生の
最強玉ねぎレシピ

『材料』
玉ねぎ→2個

酢→250ml

はちみつ→100ml

『作り方』
1.玉ねぎをみじん切りにし、
 そのまま30分放置する。

2.深めの鍋に酢とはちみつを入れて
 火にかける。

3.①を加え、かき混ぜながら
強火で2分ほど加熱すればできあがり。

ガラス瓶に常備しておけば、
食べたい時に食べられます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ