【得する人損する人】アルミホイルで肉汁じゅわ~煮込みハンバーグのレシピ

煮込みハンバーグ

2016年6月23日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の
坂上忍の『得ワザ?損ワザ?の紹介!

アルミホイルで肉汁じゅわ~の煮込みハンバーグのレシピ

スポンサードリンク

アルミ・レイ

超便利!アルミホイルを使って超簡単ほったらかし料理をつくる
新ヒーロー?「アルミ・レイ」が教えるアルミホイルレシピ!

具材をアルミホイルに入れて 
15分温めるだけで肉汁ジュワーな煮込みハンバーグが作れる

アルミホイルで煮込みハンバーグ


【アルミホイルで煮込みハンバーグのレシピ】

『アルミホイルで煮込みハンバーグの材料』
合びき肉→150g
玉ねぎ→1/4個
牛乳→大さじ2
卵→1個
パン粉→大さじ4
塩コショウ→少々
しめじ→適量

(ソース)
ケチャップ→大さじ8
ウスターソース→大さじ5
料理酒(赤ワイン)→大さじ4
みりん→大さじ4

『アルミホイルで煮込みハンバーグの作り方』
1.タネ作り。
通常のハンバーグと同じように、
ひき肉に牛乳・卵・みじん切りの玉ねぎ、
そしてパン粉などを混ぜ、丸める。

ハンバーグのタネは
少し薄めに作ると火が中まで通りやすくなる

2.ソース作り。
ベースとなるウスターソースとケチャップ、
料理酒とみりんをよく混ぜ合わせる。

大人な味にしたい方は
赤ワインを料理酒の代わりに入れてもo.k

3.アルミホイルをオーブントースターの
天板のおよそ倍の長さに広げ、
スライスした玉ねぎを敷き、
その上にハンバーグを置く。

玉ネギの上にハンバーグを置くことで、
焦げ付きを防止してくれる&
ソースに玉ねぎから甘みが出る!

4.ハンバーグにしめじとソースをかける、
アルミホイルで封筒包み包んでいく。

スポンサードリンク

【封筒包み】
天板から長く出している部分を折り紙のようにまず半分に折り、
封筒のように折りこむ。
横を合わせて2回折りこむ。
同様に、開いている残りの2辺を2回折り込んでいく。

液漏れを防ぐために四つ角を上向きに折れば封筒包み完成。

蒸気を逃がさないように
結構しっかり密封することで、
肉汁じゅわーなハンバーグに!

5.1000Wのトースターで15分温める

トースターでハンバーグ

※トースターの天板がない場合は、
アルミホイルを二重に折ってから具材を入れて封筒包みし、
5分ほど長めに温めれば代用できます。

専門家によると、トースターを使うことがポイント!
トースターは四方からの熱
によって温度が一定になり、
熱が循環するため、
放っておいても、まんべんなく加熱することができ、
フライパンで焼く時のように
火加減を気にする必要がない!

また、普通は焼き固めたハンバーグを煮込むため、
味が染みるのに時間がかかるが、
今回のレシピではハンバーグが生の状態から、
煮込みも同時に行っているため、
肉に味が染み込みやすく、短時間で仕上がる

『チーズインハンバーグ』
ハンバーグの中にチーズを入れれば、同じ工程で
子どもが大好きなチーズインハンバーグも簡単にできる

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ