【林先生の初耳学】皇居ランニングは体に悪い?3つの理由

ジョギング術

2018年10月7日放送の「林先生が驚く初耳学!」

皇居ランが体によくない理由の紹介!

スポンサードリンク

皇居ランは体によくない?

今、ジョギングが大ブーム。

中でも人気が皇居の周りを走る皇居ランニング。

皇居ランする人は1日に1万人以上もいるとのこと。

しかし、皇居ランは体に
悪影響を与えるといます。

それには3つの理由があります。

①皇居周辺の交通量の多さ

排気ガスが多いところでランニングすると
体の細胞に悪い影響が出るといいます。

実際の研究によると
緑に囲まれたグラウンドと
皇居周回コースを5キロ走った人の
血液の検査をしたところ
皇居周回コースを走ったほうが
活性酸素が体内で大量に
発生していたとのことです。

スポンサードリンク



②同じ方向に走る

全員同じ方向に走るという
皇居ランならではのルールにも
原因があるとのこと。

皇居周りの道路は路肩側が傾いていて、
一定方向に長く走り続けると
左右の足に係る負担が異なり、
片足だけ負担に。

そうすると、ランニング障害や
歩行障害をおこす可能性も。



③心臓に負担を与え続ける

皇居ランを毎日行い、常に心臓に負担を与え続けると
蓄積して病気を引き起こす可能性があるとのこと。

アメリアの研究者の論文で
1週間に48キロ以上走る人は
心臓病のリスクが高くなることが
報告されているのだそうです。

つまり、皇居を1週間で
1日2周を5日間走る人は
要注意とのことです。



【林先生の初耳学】正しい腹筋のやり方でウェスト引き締め効果!

【林先生の初耳学】岩盤浴にデトックス効果はない?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ