【たけしの家庭の医学】太もも伸ばし体操のやり方!1日1分で腰痛が改善!お尻キック検査も

腰痛、腰

2019年1月22日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
腰痛を改善する科

太ももが原因の腰痛かがわかるお尻キック検査や
太ももが原因の腰痛を改善してくれる
太もも伸ばし体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

腰痛の原因が太ももにあることも

腰痛の原因は約15%は
神経・骨に原因があることが
分かっているのですが、残りの約85%は
原因特定が難しい。

しかし謎の腰痛の原因の一部が
明らかになってきています。

西良浩一先生は腰以外の所が原因で
腰痛になっているといいます。

それは太ももです。

それがわかる検査方法
「お尻キック検査」。

お尻キック検査

1.うつ伏せに寝る。

2、少し反動をつけて、かかとでお尻を蹴るように
ひざを曲げる。

※勢いをつけると足がつる恐れがあるので注意。

かかとがお尻につけば問題ありません。

どちらかの足がお尻につかなければ
腰以外の場所に腰痛の原因がある可能性大。

太ももが腰痛の原因になる理由

太ももの筋肉が硬くなっているのが
腰痛の原因となっていることがあります。

硬くなった筋肉は弾力性が無くなり、
伸びなくなります。

スポンサードリンク

筋肉が伸びなくなると、
筋肉と繋がっている骨盤が前に引っ張られて前傾。

すると骨盤と繋がっている腰の骨も前に倒れる

これが大きな負担となり腰痛に。

しかし、西良浩一先生が太もも伸ばし体操を
伝授してくれました。

この体操で太ももの筋肉が柔らかくなれば、
腰痛が劇的に良くなる場合もあるといいます。



太もも伸ばし体操のやり方

1、横向きに寝る。

2.手で足をつかみ、かかとをなるべく
お尻に近づけた状態で、太ももを後ろに振る。

硬くなった筋肉を少しずつほぐしていきます。

※勢いよくやり過ぎると腰を痛めるので、
ゆっくり優しく動かします。

左右10回ずつで1セット
1日3セット行います。




太ももの筋肉が柔らかくなれば、
骨盤が正しい位置に戻り
腰の負担も減少するとのことです。



たけしの家庭の医学

【たけしの家庭の医学】緑茶、ウーロン茶などのお茶のケルセチンで老化をストップ!
【たけしの家庭の医学】太もも伸ばし体操のやり方!1日1分で腰痛が改善!お尻キック検査も
目の老化ストップ食材はブリ!効果的な部位、食べ方は?【たけしの家庭の医学】

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ