亜鉛をとる奥薗レシピまとめ!油揚げの甘辛煮&たらことごまの万能ふりかけ!【たけしの家庭の医学】

たらことごまの万能ふりかけ

2019年2月5日放送の「名医とつながる!
たけしの家庭の医学」の
骨を丈夫にする科。

亜鉛たっぷり料理の奥薗クッキング。

奥園壽子さんのレシピのまとめ!

スポンサードリンク

骨の健康に欠かせない亜鉛

信州大学医学部附属病院の中村幸男先生によると
カルシウム、ビタミンDの他に骨の健康に欠かせない
重要な栄養素があるといいます。

それは亜鉛。

肉料理に多く含まれている亜鉛が
骨を丈夫に保つために必要不可欠な栄養素だとのこと。

亜鉛を多く含む食材はカキや豚肉のレバー。

亜鉛を十分に摂取すると1年後に骨量が2.5%あがる
とのこと。

そこで奥薗壽子さんが
亜鉛、カルシウムたっぷり常備菜を教えてくれました。

目標値は亜鉛4mg、カルシウム220mg以上。

肉以外の食材で亜鉛とカルシウムを摂ります。



油揚げの甘辛煮のレシピ

油揚げの甘辛煮

油揚げは亜鉛とカルシウムがたっぷり。

かつお節にも亜鉛が含まれています。

『材料』
油揚げ→3枚

砂糖→大さじ2

しょうゆ→大さじ2

かつお節→3パック(8g)

『作り方』
1.油揚げを短冊切りにする。

2.①の油揚げを耐熱容器に入れ
しょうゆ、お酒を入れて混ぜる。

3.さらに水を入れて混ぜる。
※ふっくらと仕上げるために加えます。

スポンサードリンク

3・②にラップを下に落としてかけて
600Wのレンジで4分加熱する。

※落し蓋のようにラップをすることで
熱効率が良くなる。

4.かつお節をまぶしてできあがり!


油揚げの甘辛煮のアレンジ

1.暖かいご飯に混ぜてポン酢を混ぜれば
いなりずし風の混ぜご飯に。

2.ゆでたうどんに乗せて、
即席釜揚げきつねうどんに。

3.水菜と大根などのさっぱり系の
野菜と合わせて甘辛煮和えに。


たらことごまの万能ふりかけのレシピ

たらことごまの万能ふりかけ

『材料』
たらこ→1腹(100g)

ごま→大さじ2

青ネギ→1束

ゆずの皮→適量

『作り方』
1.耐熱容器にたらこを入れて
キッチンバサミで切り刻む。

2.①にゴマをひねりながら加える。

※ごまをひねることで香りがアップし
消化吸収も良くなります。

3.小口切りにした青ネギを
加えてよく混ぜる。

※青ネギはビタミンCが豊富なため、
亜鉛の吸収を助けてくれます。

4.ラップを下に落としてかけ
600Wのレンジで3分加熱する。

5.④を軽く混ぜ合わせて、
ゆずの皮をすりおろしてできあがり!


たらことごまの万能ふりかけのアレンジ

1.食パンに乗せてチーズものせてトーストした
たらことゴマのチーズトーストに。

2.卵焼きの具材に入れて焼いて
たらことゴマの卵焼きに。

3.でたじゃがいもに混ぜて、
たらことゴマのポテトサラダとして。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ