【スッキリ】ゆうこりんのタイ料理のレシピまとめ!トムヤムクンほか!小倉優子

タイ料理、ガパオライス

2019年2月12日放送の「スッキリ」のすっきりtouchは
ゆうこりんこと小倉優子さんの持ち込み企画 第6弾。

今回は、家庭にある食材と調味料で本格的なタイ料理。

ここではゆうこりんのタイ料理のレシピのまとめ!

スポンサードリンク

タイ料理

小倉優子さんが家庭で簡単に作れるタイ料理を
学ぶためにスアンサワン赤坂店を訪れました。

シェフ歴18年のチャイワットさんは
タイ料理の一流シェフ。

トムヤムクンには
日本の唐辛子より数倍辛いタイの唐辛子・プリッキーヌや
辛味調味料・チリインオイルを入れているそう。

それを家庭で出来るようにゆうこりんがアレンジ。

チリインオイルとは
うまみ凝縮の辛味調味料。

材料は大豆油・干しエビ・乾燥唐辛子・赤玉ねぎ
・タマリンド・シュリンプペースト・砂糖・塩の8種類。



トムヤムクンのレシピ

トムヤムクン

『材料』(3~4人分)
油→30ml

干しエビ→大さじ1

鶏がらの素→大さじ1

にんにくチューブ→小さじ1

牛乳→大さじ2

ナンプラー→大さじ1.5

砂糖→大さじ1.5

しょうが→1かけ分

豆板醤→小さじ2

マーマレードジャム→大さじ1.5

レモン汁→大さじ1.5

水→600ml

長ネギ→1/2本

しめじ→1パック

豆腐→1丁

生エビ→10尾

パクチー→適量

『作り方』
1.お鍋に豆板醤、油、にんにく、干しエビを加えて炒め
オリジナルのチリインオイルをつくる。

チリインオイルを豆板醤などで代用。

2.鍋に水600ml、鶏がらの素、しょうが、
砂糖を入れる。

3.マーマレードジャムを入れる。
※甘みと酸味が特徴のタイのトロピカルフルーツ
「タマリンド」をマーマレードで代用。

4.レモン汁、牛乳、長ネギ、しめじ、豆腐、
生エビを加える。

5.一度強火にしてナンプラーを加える。
※ナンプラーは香りが飛んでしまうので
最後に入れるのがポイント。

スポンサードリンク

6.香りづけにパクチーをのせてできあがり!



パッタイ(タイ風焼きそぼ)のレシピ

パッタイ(焼きそば)

タイではお米の麺「センレック」を使いますが、
今回は細麺うどんで代用!

『材料』(3~4人分)
もやし→1/2パック

干しエビ→大さじ1

ピーナツ→大さじ1

ニラ→40g

細麺のうどん→2玉

すし酢→大さじ3

焼肉のタレ(甘口) →大さじ1

ナンプラー→大さじ2

砂糖→小さじ1

豚肉→100g

卵→1個

『作り方』
1.うどんを電子レンジで加熱する。

※レンジで加熱することで
水分が適度に抜け、コシが生まれる

2.豚肉と卵をフライパンで炒める。

3.タマリンドの酸味の代わりにすし酢を加え
甘味は焼肉のタレを加える。

※コクも出て子どもも大好きな味に!

4.ナンプラーを香りが立つよう鍋肌から加える。

5.砂糖を加えてまぜる。

6.干しエビ、ピーナツ、もやし、ニラを加えて
食感が残るよう軽く炒めてできあがり!



青パパイヤサラダソムタムのレシピ

ソムタムサラダ

『材料』(3~4人分)
ズッキーニ→1本

にんじん→1/4本

干しエビ→大さじ1

にんにく→1かけ分

ピーナツ→15g

レモン→2かけ分

赤唐辛子 → 小さじ1

ナンプラー→大さじ2

砂糖→小さじ1

すし酢→大さじ2

ミニトマト→3個

『作り方』
1.保存袋に、レモン、にんにく、赤唐辛子、
ピーナツを入れてつぶす。

ゆうこりんはすりこぎでたたいていました。

※まとめて潰すと風味も引き立つ。

2.ナンプラー、砂糖、すし酢を加えて軽くもむ。

※ナンプラーは塩分濃度が高いため、
短時間で味が染み込む。

3.ズッキーニは皮は残し、繊維に沿って縦に切り
少し厚めに5㎜幅の千切りにする。

※青パパイヤをズッキーニで代用。
少し厚めの5mmほどに切ることで歯ごたえも抜群!

4.③のズッキーニ、千切りにしたにんじん、
干しエビを②の保存袋に入れももみこむ。

5.半分に切ったミニトマトも加え
軽く混ぜてできあがり。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ