アジの缶詰がない理由!あじ水煮缶のお取り寄せ方法【この差って何ですか】

2019年5月7日放送の「この差って何ですか?」

今ブームの青魚の缶詰なのに
「アジの缶詰」だけない理由。

しかし、2018年に缶詰メーカー「シーライフ」が
「アジの缶詰」をつくっていました。

その缶詰のお取り寄せの紹介!

スポンサードリンク

「アジの缶詰」だけない理由

今回、缶詰を作り続けて60年の「木の屋」さんの協力で、
「サバ」、「イワシ」などの缶詰を作る作り方で
「アジの缶詰」を作ってもらいました。

するととても臭さかったのです。
つまり、アジは缶詰にすると、臭くなります。

なぜアジの缶詰は臭いのか!?

「アジ」に限らず「青魚の脂」は、時間が経つと
「脂」と「酸素」が結びついて、「ヘキサナール」と
いう悪臭を発生させます。

スポンサードリンク

「サバ」、「イワシ」、「サンマ」などは、
「脂」と「酸素」が結びつきをとめる「抗酸化物質」が
多く含まれているので、「ヘキサナール」が発生しにくい。

「アジ缶」が誕生していた

しかし、実は2018年に島根県にある缶詰メーカー
「シーライフ」が「アジの缶詰」を製造開始していました。

このメーカーでは、従来の一般的な工程の中に
「蒸す」工程を入れています。

「蒸す」ことで、「アジ」に含まれる脂分をとかし、
最大限ニオイの元を減らしているとのこと。

しかし手間がかかるため、1日多くても
300缶くらいしかできないのだそうです。

地元のブランド「アジ」を利用した
「どんちっち あじ水煮缶」の値段は一缶600円とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ