スウェーデンの新歯磨き法、イエテボリテクニックとは?【ガッテン】

虫歯

2019年5月8日放送の「ガッテン」
虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法

歯の先進国スウェーデンで取り入れられている
新しい歯磨き法、イエテボリテクニックの紹介!

スポンサードリンク

スウェーデンで虫歯の人が少ない理由

厚生労働省が調べたデータによると
日本人は40代で虫歯がある人がほとんど。

毎日歯みがきしているのに
どうして日本人は虫歯になってしまうのか。

そこで今回、国民の虫歯を大きく減らすことに
成功したスウェーデンを取材。

そこでわかったのは、歯みがき後に「口をゆすがない」と
いう歯みがき法!

さらに虫歯がなくても年に1度は歯医者に行き、
「プロケア」という施術を受けていました。

歯みがき粉の“フッ素”

今では9割の歯みがき粉に
フッ素が配合されています。

お持ちの歯磨き粉がフッ素配合かどうかは、
商品の原材料名に「フッ化ナトリウム」または
「モノフルオロリン酸ナトリウム」と
記載されていればフッ素が配合されています。

歯垢の中にいるのが虫歯菌。
虫歯菌が出す酸が歯を溶かすのが虫歯。

フッ素入の歯みがき粉で磨くとフッ素で
歯をコーティングすることになり
虫歯菌がきても歯が溶けない。

スポンサードリンク

イエテボリ テクニックとは?

1995年にスウェーデンの研究者たちは
“イエテボリ テクニック”と呼ばれる
新たな歯みがき法を発表しました。

その最大の目的は、歯みがきの後に
口の中にフッ素を残すこと。

イエテボリ テクニックの歯磨きのやり方

1.フッ素配合の歯みがき粉をたっぷりと使う
(目安は2cm)

2.歯全体に歯みがき粉が行き渡るように
意識して2分程度歯みがきを行う

3.口の中の泡を吐き出したあと、口をゆすがない
ゆすぎたい場合は水を少量にして、回数も少なくする

4.歯みがきのあと、2時間飲食をしない
(最低でも30分)

※ただしイエテボリ テクニックの対象年齢は
12歳以上とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ