サバ缶わかめご飯

2019年6月9日(5月19日)放送の「所さんの目がテン!」
きょうのテーマは大衆魚のサバ。

ここではさば缶を使ったレシピ

レンジdeサバ缶アヒージョ、
レンジdeサバ缶カレー、
サバ缶わかめご飯
のレシピの紹介!

栄養満点のさば缶

サバは缶詰に加工することで、生で食べるよりも
DHAやEPAといった不飽和脂肪酸を多く摂ることが
できるとのこと。

とくに汁ごと料理に使うと効果的。

骨ごと食べられることからカルシウムも
手軽に摂れるとのことです。

レンジdeサバ缶アヒージョのレシピ

サバ缶アヒージョ

骨を丈夫にする!

『材料』
サバ水煮缶 1缶
舞茸 1房
ブロッコリー 1/4房
オリーブオイル 120ml
ニンニクスライス 1片
輪切り唐辛子 ひとつまみ

『作り方』
1.ガラス製の耐熱容器に、
サバの水煮缶を汁ごと入れて
スプーンなどで軽くほぐす。
※高温になるのでガラス製の耐熱容器で。

2.①に一口サイズにカットした舞茸、ブロッコリー、
オリーブオイルをたっぷり入れる。

スポンサードリンク

3.スライスしたにんにくと
輪切り唐辛子を散らす。

4.ふわっとラップをして600Wの電子レンジで
4分加熱すればできあがり!


レンジdeサバ缶カレーのレシピ

認知機能の低下を予防!

『材料』(2人分)
サバの味噌煮缶 1缶

合い挽き肉 150g

玄米(2人分)

カレー粉 大さじ1/2

醤油 小さじ1

塩コショウ 適量

『作り方』
1.耐熱容器にサバの味噌煮缶、合い挽き肉、
カレー粉、醤油、塩コショウを加え、
スプーンでざっくり混ぜ合わせる。

2.ラップをして、600Wの電子レンジで
5分加熱する。

3.お皿にご飯を盛り、カレーを添えれば
できあがり。


サバ缶わかめご飯のレシピ

サバ缶わかめご飯

太りにくい体質へ

『材料』(4人分)
サバの味噌煮缶 1缶
ご飯 2合
青じそ 4枚を細切りに
乾燥わかめ 5g 
※水で戻して刻みます。

白だし 小さじ1
ぽん酢 大さじ1
白いりごま 大さじ2 
ショウガチューブ 2cm

『作り方』
1.ボウルに温かいご飯を入れる。

そこにサバの味噌煮缶をくずしながら入れる。

2.白だし、ぽん酢、白いりごま、
ショウガチューブを入れて
しゃもじなどで混ぜ合わせる。

3.さらに水で戻して刻んだわかめ、
青じそを入れて軽く混ぜ合わせたらできあがり。

ひっぱりうどん

山形県の内陸部では
サバ缶を郷土料理「ひっぱりうどん」などに
使っています。

大鍋でうどんをゆで、サバ缶と納豆・卵・ねぎを入れた
つけだれで食べるもの。

早稲田大学教授・矢澤一良さんによると
ひっぱりうどんは栄養摂取の面から見ても理想的。

サバに含まれる不飽和脂肪酸のEPA・DHAは
空気に触れると酸化されやすいのですが、
納豆に含まれるビタミンEがこれを抑える
のだそうです。

他にも、納豆のイソフラボンには
サバの骨のカルシウムの吸収や定着を助ける
効果があります。

スポンサードリンク