主治医が見つかる診療所:ナスレシピ!なすのチーズ包み焼きほか 体のさびを防ぐなす

水ナス

2019年9月5日放送の「主治医が見つかる診療所」
体の中のコゲとサビを防いで若返るぞスペシャル

ここでは体のサビを防止するナスについてや
なすのレシピの
ナスのチーズ包み焼きほかの紹介!

スポンサードリンク

サビ(酸化)とは?

「サビ」は体の老化の原因の一つ。

山岸先生によると鉄くぎが空気に触れてサビるように、
体内もストレスなどが原因でサビるとのこと。

これがシワ、たるみの他、
脳梗塞や心筋梗塞という突然死の危険性も。

見た目の老化はもちろん、血管を硬くして
動脈硬化を引き起こします。

体のサビの防止が期待できる食材「ナス」

群馬県が生産量第1位のサビを防ぐ食材はなす。

ナスには皮と実の両方にサビを防ぐ成分が含まれています。

ナスニン

皮にはナスニンという色素が含まれており、
強力な抗酸化作用をもつ ポリフェノール。


クロロゲン酸

実の部分にはクロロゲン酸が含まれていて
ポリフェノールの一種で
血糖値の上昇の抑制やがん化の抑制が
期待できるとのこと。

ナスを料理するときのポイント

・ナスニンは皮に含まれているので皮は取り除かない

・水にさらすと成分が逃げてしまうので水にさらさない

スポンサードリンク



体のサビを防ぐナスレシピ

ラタトゥーユのレシピ

『材料』
ナス

好みの野菜

豚ひき肉

オリーブオイルで

トマト

チーズ

『作り方』
1.ナスを皮ごと切り、好みの野菜、豚ひき肉を
フライパンでオリーブオイルで炒める。

2.①にトマトを加え野菜の水分だけで
約5分煮込む。

3.最後にチーズを加えひと煮立ちしたら
ナスのラタトゥーユのできあがり!

ナスのカルパッチョ風サラダレシピ

『材料』
宵葉月
(生で食べられるナス)

水菜

ワカメ

粒マスタード

オリーブオイル

ワインビネガー(赤)

『作り方』
1.ナスを薄くスライスする。

2.水菜やワカメの上に①のナスを敷く。

3.ボウルに粒マスタード、オリーブオイル、
ワインビネガー(赤)を混ぜ合わせて
ドレッシングをつくる。

4.③に③のドレッシングをかければできあがり!



ナスのチーズ包み焼きレシピ

『材料』
じゃがいも

サケ缶

ナス

カマンベールチーズ

『作り方』
1.電子レンジでチンしたじゃがいもを
マッシャーなどでよくつぶす。

2.①にサケ缶を加えて混ぜる。

3.ナスは厚めの薄切りにし
フライパンで油で炒める。

4.③のナスを一旦冷ます。

5.カマンベールチーズで②を包み
④のナスで巻く。

6.⑤をオーブンで12分焼いたらできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ