あさイチ:老け声の改善法!声帯の筋肉を鍛える

臭い、体臭、女性

2020年2月6日放送の「あさイチ」の
40代から要注意!“老け声”

老け声のチェック法や改善法の紹介!

スポンサードリンク

老け声とは?

なんとなく声が出しにくくて、かすれる、
高音が出なくなった
なんてことはありませんか?

その原因は、声帯の老化、
つまり「老け声」の可能性もあります。

声帯は筋肉でできているので、
加齢や使わないことによって衰えていくとのこと。

東京・新宿の耳鼻咽喉科専門医・渡嘉敷亮二先生によると
40代ころからはじまるといいます。

そんな老け声を改善するには、早めに気づいて、
適切な対策をすることだとのこと。

声帯衰えチェック法

声帯を指で押さえ、声の変化でチェック。

1.声帯を指で軽くつまむ

2.「イー」と声を出し、つまんだ手を離す

3.話した瞬間、声の大きさや高さに変化があれば、
声帯が老化している可能性あり

スポンサードリンク

※声帯のつまみ方
のどぼとけから1センチほど下のへこみの少し上が声帯。
指先で挟むようにつまみます。

声帯の筋肉を鍛える方法

1.胸の前で両手を組んで、左右に引っ張る

2.息を5秒間止める

※声帯の筋肉に負荷をかけることができます。

声帯の筋肉を鍛える方法

朝晩5回ずつ行うとよい。
早い人で1週間ほどで効果が表れるとのこと。

慣れてきたら、息を止める秒数を伸ばすとより効果的

若々しい声を出す 発声方法

神奈川県厚木市の東京工芸大学准教授・森山剛は音声工学者。

声に含まれる音の成分を分析し
機械を通してその成分を周波数として表示しています。

着目するのは3000Hz付近の周波数。

この付近の声がしっかり出ると脱・おばさん声を
出すことができるといいます。

その方法は笑顔で話すことで、
若々しい声を作り出すことができるとのこと。

若々しい声が出る笑顔の作り方

1.口を横に開く

2.目が三日月型になるようなイメージで、
手でほお骨を高い位置に引き上げる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ