ヨーグルト

2020年1月30日放送の「バゲット」は
肥満予防とヨーグルトの関係を特集。

ダイエット外来医師の工藤孝文先生に、
肥満予防に役立つヨーグルトの食べ方を
教えていただきました。

ダイエットが期待できる
おからヨーグルトのレシピも紹介!

スポンサードリンク

工藤孝文先生

工藤孝文先生は
自らもヨーグルトで食生活を改善し、
25kgの減量に成功しました。

その秘訣は食べるタイミングと
ちょい足しアレンジ。

肥満予防に効果的なヨーグルトの食べ方は?

Q.肥満予防に効果的なヨーグルトの食べ方は?

A.食前に食べる
B.食後に食べる



正解はA. の「食前に食べる」。

空腹で糖質をとると血糖値が上昇し、
肥満や生活習慣病の原因になります。

しかし、ヨーグルトを食事の前に食べることで、
血糖値の上昇を抑えられることが分かってきたと
工藤先生はいいます。

また、血糖値の上がり方も緩やかで
下がり方も早くなっています。


肥満予防に効果的なヨーグルトを食べるタイミングは?

Q.肥満予防に効果的なヨーグルトを食べるタイミングは?

A.朝に食べる
B.夜に食べる



正解はB.の「夜に食べる」。

1 日の中で腸の動きが最も活発になるのが、夜10時~深夜2時。
この時間が腸のゴールデンタイムと言われています。

夕食の前にヨーグルトを食べると、
血糖値の上昇を抑えた上に、ゴールデンタイムまでに
ヨーグルトが腸に届きます。

そして眠っている間に善玉菌が活発になり、
腸内環境を整えて太りにくい体質になるとのことです。


ヨーグルトの吸収がよくなる食べ方は?

Q.ヨーグルトの吸収がよくなる食べ方は?

A.凍らせる
B.レンジで温める



正解はB.の「レンジで温める」。

ヨーグルトは人肌程度に温めることで、
乳酸菌やカルシウムの吸収率がアップ。

ホットヨーグルトを食べると
腸内を温め、と血流も良くなり、
代謝が上がって結果的に痩せやすい体に
つながるといいます。

おすすめの食べ方

100~200gのヨーグルトを、ラップをせずに、
500Wのレンジで約40秒レンジで加熱する。

※温めすぎるとヨーグルトが分離してしまうため注意

​​​​

ヨーグルトに混ぜると肥満予防効果がアップする食べ物は?

Q.ヨーグルトに混ぜると肥満予防効果がアップする食べ物は?

A.オクラ
B.おから



正解はB.の「おから」。

おからは食物繊維が豊富。
食物繊維は、乳酸菌をはじめとする善玉菌のエサに。

善玉菌は食物繊維を分解するときに、
短鎖脂肪酸を生成します。

この短鎖脂肪酸は「瘦せ菌」と呼ばれていて
脂肪を燃やす効果があるのです。



おからヨーグルトのレシピ

ドライおからの作り方

おからヨーグルト

おからとヨーグルトの
効果的で美味しい食べ方も教えてくれました。

『材料』
おからパウダー→ 大さじ2

無糖ヨーグルト →大さじ8
(まとめて作る場合などは1:4の割合で)

ジャムなど お好みで

『作り方』

1.ヨーグルトを耐熱容器に入れ、
電子レンジ500Wで約40秒加熱する

※温めすぎるとヨーグルトが分離してしまうので
温度は40度ぐらいがベスト。

2.②におからパウダーを混ぜるだけ。

3.ジャムなどをトッピングすると食べやすくなります。

おすすめは糖質が低めのベリー系のジャム。

おからヨーグルトのまとめ

肥満予防に効果的な食べ方は
夕食の前に少し温めて食べる

おからヨーグルトは2週間~1か月継続することで
腸内環境改善が期待されます。

バナナ・キウイ・たまねぎ

そのほか、ヨーグルトと一緒に食べるとよい
食物繊維が豊富な食べ物は
バナナ・キウイ・たまねぎ。

ヨーグルトとバナナの組み合わせは
免疫を活性化させ
インフルエンザ、花粉症の予防が期待されます。

たまねぎはヨーグルトにたまねぎを入れて
塩コショウを少しかけて、
シーザードレッシングのような感じで食べると
よいそうです。

スポンサードリンク