つぶれない店:南部せんべいのお取り寄せ!炉何煎!成城石井

せんべい

2020年9月13日放送の「坂上&指原のつぶれない店」の
コロナ禍で困っている商品を成城石井で販売!

炉何煎(ろっかせん)の南部せんべいのお取り寄せの紹介!

スポンサードリンク

南部せんべいのお取り寄せ

成城石井さんで販売されることが決まりました。

岩手県盛岡市の昭和7年創業の炉何煎(ろっかせん)。

せんべいづくり一筋の二代目店主・佐々木いさむさんは
レシピに関する数々の賞を受賞しています。

しかし、新型コロナの影響で物産展が中止になり、
店頭への来客も激減。

炉何煎からエントリーするのは「南部せんべい ごま味」

南部せんべいは、米ではなく小麦粉を原料とした伝統的なせんべい。

成城石井の原社長が注目したのは
「とことん追求した素材と食感」。

3種の国産小麦をブレンドして塩で味付け、
さらに小麦の胚芽を加えることで独自のパリッとした食感と
うまく塩味が醸し出されておいしい煎餅に。

特許商品のため他の煎餅屋は使用できない。

そして、最大のこだわりは、
敷地内に井戸を掘り、地下水を使用している点。

佐々木さんによると水道水は塩素と、
夏と冬の温度差があるとのこと。

地下水は深いと温度に差がないのだそうです。

仕上げに手作業で1枚1枚黒ゴマをまぶしていきます。

そして焼く作業。

全自動機械ではなくカンで
やっているところもあるのだそうです。

>>南部せんべいの炉何煎 楽しい詰合せ78枚



つぶれない店:成城石井で販売決定した5品のお取り寄せ!柚子梅つゆ、大葉ソース、南部せんべいほか

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ