ゲンキの時間:448呼吸法のやり方!不調が改善

深呼吸、呼吸法

2020年10月4日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」
女優檀れいと学ぶ“不調が改善する!?呼吸法”

ハーバード大学医学部の根来秀行先生が教えてくれた
箱根優勝の青学が実践する毛細血管ふやす呼吸法(4・4・8呼吸法)の紹介!

スポンサードリンク

呼吸

人が1日にする呼吸は、およそ2万回。

日常的な行動なので、気づきにくいのですが、
実は間違った呼吸をしている人が多いのだそうです。

それが身体の不調を引き起こしている可能性もあるとのこと。

しかし、呼吸の質を高めれば不調の改善だけでなく、
免疫力アップにもつながるといわれています。

呼吸の深さチェック

1.普段通りの呼吸をする

2.鼻から静かに息を吐いた後に鼻をつまむ

3.息を止めた瞬間から息をしたくなるまでの時間を測定する
※少しでも息を吸いたいと感じたら測定を終了してください。

30秒以内に息がしたくなった場合は、
普段から浅い呼吸をしている可能性があります。

4・4・8呼吸法

今年の箱根駅伝で優勝した青山学院陸上部の元キャプテンの
鈴木さんは、呼吸の大切さを身をもって体験したといいます。

現在は会社の陸上部に所属しています。

鈴木さんは3年前、胃腸炎になり、
その後、練習が継続できないほどの不調に陥ったことがあったとのこと。

選手生命の危機を感じた鈴木さんは
ハーバード大学 ソルボンヌ大学の根来秀行先生と出会い、
浅い呼吸だと指摘されたのだそうです。

そして、4・4・8呼吸法を取り入れたところ
劇的な変化があったのだそうです。




4・4・8呼吸法のやり方

1.準備として腹式呼吸を2~3回する。

2.お腹の上に手を置き鼻から4秒かけて息を吸う。

3.4秒息を止める。

4.8秒かけて鼻から細く長く息を吐く。

眠る前や仕事中など気づいた時に行います。

※ポイントは腹式呼吸

最初の4秒で鼻から息を吸う時、
お腹が膨らむようにしっかり吸い込みます。

そして、息を止めることで、空気が肺に溜まり、
酸素や栄養が細胞にいきわたりやすくなります。

継続的に続けることで、横隔膜が刺激され
柔軟性がもどり自然と正しい呼吸が身につきます。

根来秀行先生の本

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ