野菜、カボチャ、人参、トマト

2021年3月2日放送の「プロフェッショナル」は
立ち止まるな、種はいつか実る~野菜バイヤー・小堀夏佳~」

全国の農家から絶大な信頼を寄せられる野菜バイヤー。
小堀夏佳さん厳選の野菜の購入方法の紹介!

スポンサードリンク

野菜バイヤー「小堀夏佳」さんの野菜の購入方法

全国の農家から絶大な信頼を寄せられる野菜バイヤー「小堀夏佳」さん。

誰も目をつけなかった野菜に、新たな価値を見いだし、ヒット商品を連発。

スーパーなどで当たり前にみかける「安納芋」も先駆けて発掘し、大ヒットさせました。

小堀夏佳さんが全国から発掘した野菜などは
Balloon(バルーン)らお取り寄せができます。

毎月1回送られてくる定期便、寝かせ玄米、などもあります。

お取り寄せはこちらからどうぞ↓
今月のおすすめ | Balloon(バルーン)

♪————————-♪
お店:Balloon(バルーン)
住所:神奈川県大和市中央林間西6-9-5
♪————————-♪


小堀夏佳さんのテレビで放送された生い立ち

大学を卒業後、大手銀行で営業として働いていた小堀さん。

成果を上げ、安定した生活だったが、何かもの足りない。

26歳で一念発起。
かねてから興味のあった食の業界へと転職。

飛び込んだのは起業したばかりの
インターネットを使った食品販売会社。

(2001年7月 オイシックス株式会社に入社)

そこでいきなり
青果バイヤーを任されることに。

右も左もからない中
野菜を卸してくれる農家を探す日々。

そんなある日
農家から収穫したばかりのきゅうりが
サンプルとして送られてきた。

きゅうりなんてどれも同じと思っていた
試しに食べてみて驚いたのです。

「あまみがつよくておいしい。」

農家に「どうしてこんなにおいしいんですか?」
と聞くと
「一度見においで。会社にいたってわからないよ。」

それ以来、小堀さんは時間を作っては
農家のもとを訪れるようになる。

どの産地でも、皆 愛情を持って
野菜を育てていることに驚かされたのです。

1年ほどたった、ある日
訪れた農家で衝撃的な光景を目にする。

つい先日まで丁寧に育てられていた野菜が
畑の隅に捨てられていた。

理由を尋ねると意外な答えが返ってきた。

「これはみんな規格外。」

味は同じなのに見た目がふぞろいで
はじかれてしまう野菜。

小堀さんたちは こうした規格外の野菜をパッケージにし
「ふぞろい野菜」と名付け売り出した。

すると、これまでにないほどの売り上げを達成。

価値がないと言われていたものに価値を見いだし
農家の売り上げに貢献できたことがうれしかった。

バイヤーとして更に何が提案できるか。

種や農薬 地域の風土に至るまで必死に勉強。

本当においしい食べ方を研究しては
レシピを商品に添えた。

一人前のバイヤーとして認められ始めた34歳の時。

結婚し、翌年には
息子の穂海くんを授かり母となった。

しかし、穂海くんの片手は 指が6本ある
多指症という原因不明の病気だった。

手術をし、見た目にもわからないほどになったが
小堀さんは自分を責め続けた。

そして9か月後には離婚。

シングルマザーとして仕事と子育てを
両立しなければならなくなった。

そんな小堀さんを支えたのは
これまで見てきた農家たちの背中だったのです。

オイシックス株式会社は2018年に退社しています。

小堀夏佳さんのブログ↓
愛の野菜伝道師 小堀夏佳です

スポンサードリンク