スーパーマーケット

2021年6月20日放送の「坂上&指原のつぶれない店」
つぶれない最強ご当地スーパーSP

愛知県尾張旭市の具だくさん惣菜「生鮮館やまひこ」お店の紹介!

スポンサードリンク

「生鮮館やまひこ 尾張旭店」

愛知県の名古屋駅から車で40分の尾張旭市のスーパー「生鮮館やまひこ 尾張旭店」は、
総菜が爆発的な人気を誇るスーパー。

開店する前から行列で、開店するとお客さんがこ惣菜コーナーへと詰めかけ
「ほぼ具おにぎり」は開店から1時間で完売してしまったのです。

やまひこ名物の「ほぼ具おにぎり」は全面が具で覆われています。

明太子おにぎりは目に見える部分は
全て明太子で覆われどこを食べても 何度食べても
明太子とごはんがいっぱい。

おにぎりは全14種類のラインナップとなっています。

やりすぎなのはおにぎりだけではありません。

一番人気が「特大えび天」。

杏仁豆腐は敷き詰められたフルーツで杏仁が見えないほどフルーツがぎっしり。

大きなチキンが入りきらなくて飛び出している「バーレルチキン」は大きなチキンが8ピースも入っていて
そのチキンの下にはポテトが入っています。

惣菜の売り上げは平日1日で100万円、週末には200万円にのぼるとのこと。

普通のスーパーでは惣菜の売り上げが10%ほどですが、やまひこでは30%を惣菜が占めています。

生鮮館やまひこ 尾張旭店のインスタはこちら↓
ootanoriko



惣菜はすべて1人の女性店員の太田典子さんが開発しているとのこと。

スポンサードリンク

彼女が惣菜を作り始めた昨年から、生鮮館やまひこ 尾張旭店には行列ができるようになりました。

新商品は彼女のインスタで告知され、社長をはじめ、店員はインスタを見て新商品を知るのだそうです。

そして このインスタがバズりにバズり、気がつけば お店の4分の1が彼女専用のお惣菜コーナーになったとのこと。

お惣菜をすべて作り出している太田さんは自分が食べたいものを作り出しているのだそうで、
具をいっぱい食べたいという夢を実現していたのです。

その中でも 行列をつくりだす原点となった商品が行スムージー「イチゴろう」で、イチゴが6つ乗っています。
スムージーは今でも人気で、季節ごとに様々なフルーツの新作が展開されています。

しかし、ほぼ具おにぎりは毎日の販売は行っていないとのこと。

この日は「ほぼ具のり弁」フェスを行うということでした。
太田さんが作るやまひこのお惣菜は毎日日替わり。

具だくさんの韓国料理が並ぶ韓国フェスや具だくさんのスパイスカレーフェスなど
連日同じお惣菜が並ぶことはなくラインナップが毎日変わるのだそうです。

♪————————-♪
お店:生鮮館やまひこ 尾張旭店
住所:愛知県尾張旭市狩宿町4丁目59番

営業時間:朝10:00より 夜8:00まで
定休日:なし(年始除く)

※営業時間、定休日は変更となる場合があります、
♪————————-♪