酢豚

2022年7月21日に放送の「サラメシ」のシーズン12の(14)
あの人が愛した昼メシ
数々の劇画で多くのファンを魅了した、さいとうたかをさん。
仕事仲間とよく訪れたという、中華料理店。その愛した味とは?
穂禮上海 バイ シャンハイハウス の黒酢酢豚の紹介です!

スポンサードリンク

穂禮上海 バイ シャンハイハウス

さいとうたかをさんはSF、アクション、時代劇、
リアルな作画と緻密なストーリー展開の劇画と呼ばれるジャンルを確立。
自ら劇画家と名乗りました。
そんな彼が生み出した最強のキャラクターが凄腕のスナイパーゴルゴ13。
単行本は200巻を超えました。

彼のなじみのお店は東京神楽坂。中華料理のお店「穂禮上海 」
(※移転する前は上海美味小屋(シャンハイハウス)というお店でした。)

時に夫婦で、時に編集者と連れ立って気さくにテーブルを囲みました。
通い始めたの10年ほど前。
自宅から近くたまたま入ったのがきっかけ。
彼を魅了したのはお店オリジナルの酢豚。
具は豚ロースと長芋のみ。
タレには本場中国鎮江の黒酢をたっぷり。
オイスターソースや砂糖で甘みを加え、手早く絡めれば真っ黒な酢豚のできあがり。
初めて見たとき、これが酢豚か?と驚いたそうですが、
1口食べて斬新な食感とほどよい酸味にほれ込んだそうです。
以来、このお店の常連になったとのことです。

穂禮上海 バイ シャンハイハウス のお店の場所

お店 穂禮上海 バイ シャンハイハウス
住所 東京都新宿区神楽坂6-72・3F 響ビル

まとめ

さいとうたかをさんが愛した味、穂禮上海 バイ シャンハイハウスの紹介をしました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク