【ゲンキの時間】高血圧対策に酢ピーナッツのレシピ!ドレッシングの作り方も

酢ピーナッツ

2018年3月25日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間 」は
「名医が教える健康法SP」。

高血圧治療のスペシャリスト渡辺尚彦先生が
血圧とコレステロールを下げて、
動脈硬化予防が期待できるお手軽食品を紹介!

2020年1月19日の「ゲンキの時間 」でも
高血圧対策として「酢ピーナッツ」が紹介されました。

スポンサードリンク

酢ピーナッツ

酢の酢酸は血管を拡張し、
血圧を下げてくれる働きがあります。

また、ピーナッツの薄皮に含まれる
ポリフェノールにも多く含まれ、
同様に血圧を下げる働きがあります。

ピーナッツと酢を組み合わせることで
相乗効果も生まれます。

ピーナッツにはオレイン酸が含まれていて、
悪玉コレステロールを下げる働きがあると言われ、
動脈硬化を予防する働きが期待できます。

渡辺先生の患者さんが酢ピーナッツを
毎日20粒摂取したところ、1か月で
悪玉コレステロールが正常値まで下がったそうです。

酢ピーナッツの作り方

酢ピーナッツ

『材料』
薄皮付きピーナッツ→200g

酢→300ml
※砂糖や塩が入った調味酢はさけてください。

煮沸消毒した保存容器

『作り方』
1.保存容器にお酢とピーナッツを入れる。

2.①を冷蔵庫に入れ5日ほどで食べ頃に。

1日10~20粒が目安とのこと。

※冷蔵保存で1か月以内に食べ切ってください。


酢ピーナッツのドレッシングのレシピ

『材料』
刻んだ酢ピーナッツ→30粒程度

麺つゆ(4倍濃縮)→大さじ1/2

マヨネーズ→大さじ2

砂糖→小さじ1/2

『作り方』
1.刻んだ酢ピーナッツ、めんつゆ
マヨネーズ、砂糖を混ぜればできあがり!

番組では水菜とゴボウのサラダに
かけて食べていました。



血圧が上がる落とし穴

朝の外出

外出する20分前にマフラーを巻いて
首回りを温めておくとよい。

ストレス

深呼吸をする。

手の親指と人差し指の間にある「合谷」というツボを押す。

お酒

適量であれば問題なし。

1日のお酒の適量は、ワインの場合180mL、日本酒なら1合(180mL)、ビールは500mL。

真夜中のトイレ

カーディガンを羽織ったり、スリッパを履いたりして
寒暖差を予防。

起床時

目が覚めたら、布団の中で横になったまま2〜3分
手足をユラユラと動かし、
血液循環を良くしてから布団を出る。




【ゲンキの時間】やせる筋膜リリースのやり方!ダイエットに

【ゲンキの時間】認知症予防にオルゴール!高周波が側頭葉を刺激

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ