ダイエット

2022年5月15日に放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」はドクター直伝!肥満解消ダイエット
ダイエットのスペシャリストに「無理なくやせる方法」を教えてもらいます。
こちらではドクター直伝!自分のやりたい事で肥満改善「1日だけダイエット」の紹介です!

スポンサードリンク

自分のやりたい事で肥満改善「1日だけダイエット」

関西医科大学健康科学センターの木村穣先生が考案したダイエット法。
先生自らも実践し、8か月で17kgの減量に成功したそうです。

1日だけダイエットとは、自分ができそうな事をまずは1日だけチャレンジ。
そして、できる事を毎日続けていくダイエット法です。

きつい運動やつらい食事制限などは必要なく、自分がやりたい事だけを行えばOK。

無理なく実践できるので、ダイエットに失敗した人やリバウンドに困っている人にもおすすめ。

先生によると注意点としてダイエットをする時には目標体重を決めたりしますが、
それは失敗のはじまりとのこと。
目標を立ててしまうと、食事制限やきつい運動などを効果が大きい方法を選びがちに。
すると、ストレスで挫折する可能性が高くなり、リバウンドの原因につながってしまうそうです。

ステップ1:自分ができるヤセ行動を選ぶ

まずは、その日のヤセ行動を1つ選びます。

下記にの例以外に、自分で考えたオリジナルでもOK!
ヤセ行動は一人ひとり違うので、やりたい事やできそうな事を選ぶのが大切。

ヤセ行動の例

【食事】
・ラーメンの汁は飲まない
・固いものから食べる
・今日は食品の買い物に行かない
・腹八分目でやめる
・お菓子の代わりにヨーグルトを食べる
・コーヒーを無糖にする
・食事は20回以上噛む
・食べ足りない時はとりあえず3分我慢してみる
・お菓子売り場や試食コーナーの前を通らない
・テレビやスマホを見ずに味に集中して食べる

【日常生活】
・朝ラジオ体操をする
・1階分階段を使う
・周囲にダイエットを宣言する
・好きな音楽で1曲エアギターをする
・駅やバスを目的地の1つ前で降りて歩く
・ちょっと重いものを持って歩く
・テレビを見ながらその場足踏みを3分行う
・テレビや読書は椅子に座り背筋を伸ばして見る

スポンサードリンク

ステップ2:選んだヤセ行動を実行する

選んだヤセ行動を実行します。
1日1つのヤセ行動だけでも達成感が得られ、次へのモチベーションアップにつながります。
選んだ行動がキツかった場合は、途中でやめてもOK。

ステップ3:ヤセ行動の評価

1日の終わりに振り返りを行います。
そして、次の日のヤセ行動を決め、体重測定をしたり気がついた事を記録したりしす。
ダイエットの成功には、体重を測る事と身体を動かす事が大切。

2人が1日だけダイエットに挑戦

番組では我が家杉山さんと主婦の澁江さんが挑戦していました。

杉山さんは「背筋を伸ばしてテレビを見る」を選びました。
杉山さんは、背筋を伸ばしたことで、
普段あまり使わない筋肉が活動し、筋肉が鍛えられ基礎代謝がアップするとのこと。

澁江さんは「お菓子の代わりにヨーグルトを食べる」を選びました。
ヨーグルトは、カゼインが胃で凝固しやすく滞在時間が長い。

小さな事を達成することで次のモチベにつながるといいます。

翌日、杉山さんは「エアギターをする」に挑戦するが、きつくてやめてしまいました。
澁江さんは「1階分階段を使う」を選択。

さらに杉山さんは「食べたりないときは3分間我慢する」
「ラーメンの汁を飲まない」などにチャレンジ。
さらに、なかやまきんに君の世界一楽なスクワットも取り入れました。

1日だけダイエットの結果

2週間で杉山さんは2.4kg減、澁江さんは1.6kg減になっていました!

1日だけダイエットの本

>>1日だけダイエット (健康実用) [ 木村 穣 ]

まとめ

健康カプセル!ゲンキの時間より
自分のやりたい事で肥満改善「1日だけダイエット」の紹介をしました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク