【あさイチ】ゴースト血管改善法!スキップ&シナモン、ヒハツ、ルイボスティー&糖質を減らす

シナモン

2018年6月25日放送の「あさイチ」は
美容に!健康に!“ゴースト血管”撃退術

ゴースト血管撃退法を紹介!

スポンサードリンク

ゴースト血管

毛細血管は細胞に酸素や栄養を
届けています。

しかし、その毛細血管が消えて
しまうことがあります。

その状態をゴースト血管といいます。

ゴースト血管はしわ、たるみ、
さらに認知症、骨粗しょう症、冷え症など
様々な病気につながることが
明らかになっています。

毛細血管がゴースト化すると
皮膚を支える力が弱まりシワになります。

さらに酸素や栄養を肌の細胞に
届けていた毛細血管がゴースト化すると
はりが失われ、たるみとなるのです。

そして、ゴースト血管化により
アミロイドβという物質が
蓄積されてしまうとアルツハイマー病に
なると考えられています。

ゴースト血管の落とし穴

「ゴースト血管」であると診断された
佐藤さんの日常生活を見てみると、
3つの落とし穴がありました。

・運動不足

・睡眠不足

・過剰な糖質
最大の原因といわれているが
「過剰な糖質」です。

糖質を過剰にとると、
体内で有害物質になり、
毛細血管を構成する細胞を
傷つけます。

すると血液成分が大量に漏れ出し、
その先に十分に届かなくなり、
ゴースト血管になってしまいます。

ほかにも、
・更年期

・高血圧

・タバコ
などが
ゴースト血管の原因になるといわれています。


ゴースト血管撃退法

【朝昼晩スキップをする】
ふくらはぎの筋肉を使うスキップは、
全身の血流を手軽にあげることができます。

血流が上がると、毛細血管の細胞どうしの
接着力が上がり、血管を正常な状態に戻す
ことができます。

朝昼晩20回ずつやれば効果が出るとのこと。

家でやってもo.k。

その場スキップでも
効果が期待できるとのことです。

スキップが苦手な人は
その場でかかとの上げ下ろしでもOK。



【睡眠時間を増やす】

夕食を早めて睡眠時間を増やす



【糖質を減らす】

おやつを甘くないものに変えたり、減らす

ご飯の茶碗を小さいのに変える




【ゴースト血管を改善することが期待される食材をとる】

スポンサードリンク

シナモン、ヒハツ、ルイボスティーは
毛細血管の細胞どうしの接着力を高める効果が
期待されます。

しかし、まだ研究段階のため、
とりすぎには注意が必要です。

【シナモン】

シナモンは、過剰摂取を続けると
肝機能障害を引き起こす可能性があるので
1日5g(小さじ1杯)までとのことです。


【ヒハツ】

沖縄でよく使われているコショウの一種です。



【ルイボスティー】



ミネラル、ポリフェノールが豊富で
抗酸化作用があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ