【爆報フライデー】認知症が1日1.5ℓの水で驚きの改善!高橋里華さんの介護生活

老夫婦、病気、介護

2018年8月3日放送の「爆報!THE フライデー 」の
介護 衝撃のビフォーアフター

高橋里華さんの介護生活に密着。

認知症が1日1500mlの水で驚きの改善!

スポンサードリンク

爆報 芸能界の介護問題

番組は2年前から高橋里華さんの
介護生活に密着していました。

大田区の一軒家で認知症の
義父・勉さんの介護をしてきました。

勉さんは同じ話を繰り返すなどの
症状が現れていました。

身体的な状態も悪化、
ほとんどの時間をベッドに横たわり生活。

また、勉さんは就寝後には
夜間恐怖妄想(夜間せん妄)により
独り言をつぶやきながら何度も
起き上がっていたのでした。

前回の取材から7か月。
認知症が軽減したという情報が。

訪れると勉さんの顔色も良く
目つきもしっかりしています。

同じ話を繰り返すこともなく
スムーズに会話。

寝たきり状態だったのが
嘘のように。

自分で服も着られるようになり
自らの足で歩いていました。

認知症改善に1日に水1500ml飲む

高橋さんによると
爆報で以前みた放送を
参考にある事を行ったとのこと。

番組は昨年12月、
布施博さんの介護生活に密着、
アルツハイマー型認知症の
母・雅子さんを介護していました。

お母さんはドッグフードを食べたり
徘徊したり。

お母さんを改善に導いたのは
介護施設「杜の風・上原」でした。

改善方法として
1日1500mlの水を飲むよう指導。

この方法は40年にわたり
認知症研究に携わる
竹内孝仁教授の研究によるもの。

スポンサードリンク

竹内教授によると
高齢者の場合は体重の50%は
水分が占めており、
水分が循環することで正常に活動します。

この水が1%でも減ると
脳の働きが衰えるが、
この意識障害が認知症だといいます。

1から2%減る→
疲労感やイライラ頭がぼんやりする。

3%減る→
血液循環が悪くなる・脳梗塞。

5%減る→
体の自由が利きにくい。

7%減る→
幻覚・幻聴・意識混濁が起きる

10%→死に至る。

1日の水分排出量が2500ml。
食事に含まれる水分が1000ml。

したがって、補う水分量が1500mlになります。

しかし、ほとんどの高齢者が
その水分量を補えていないそうです。

平均的な水分摂取量は600mlなのだそうです。

そのため1日1500mlを補うことで、
利用者の5割以上の要介護度が
改善されたそうです

布施さんのお母さんも劇的に改善しました。



高橋里華さんも1日1500mlを実施

この放送を見ていた高橋里華さんは
すぐに義父への水分補給を実施。

しかし、高齢者に1日1500mlの
水分補給をさせるのは意外と難しい。

トイレに行くのを面倒くさがったり
失禁を怖がるなど水分をとりたがらない。

そこで高橋さんは飽きないよう
①10種類以上の飲み物を常備。
ほうじ茶やコーヒー、ラムネ、牛乳、緑茶など

②味を変えてもダメなら
思い出の味を飲ませる。

高橋里華さんの場合は、
義理のお母さんから教わった
お出汁でした。

③食事は水分の多いものを出す。
スープ・おかゆ・うどん・冷や汁など

そして、1日2000ml近くの水分補給に成功。
これを続けること7か月。

ギャグが言えるまで認知症が改善。

夜間せん妄で大声を出すことも激減、
朝まで熟睡してくれるようになったそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ