【マツコの知らない世界】しゃべる鳥!オキナインコ、キビタイボウシ、タイハクオウムほか

鳥、インコ

2016年12月6日放送の「マツコの知らない世界」の中の
「しゃべる鳥の世界」

しゃべる鳥のインコやオウム、ヨウムの紹介!

スポンサードリンク

梅川千尋さんとは

鳥の気持ちが分かるトリさん
梅川千尋さん(36歳)

出身:兵庫県神戸市
職業:鳥カフェオーナー
幼少期:友達はハトや雀

9歳:病院で出会ったしゃべる
九官鳥にときめく

文鳥を7羽買い、
鳥沼にハマる

26歳:日本初の鳥カフェをオープン

鳥カフェや鳥グッズなど、密かに盛り上がりを
みせている鳥の魅力を語り尽くします。



おしゃべり上手な鳥さん5種

オキナインコ

平均体長:29cm
平均寿命:約30年
価格:7万円~

ふさふさの胸羽とつむじがポイント。
甘えん坊な性格で人気急上昇中。

ニギコロ(仰向けの鳥を手で包み込むもち方)
出来ることできない子がいるそうです

キビタイボウシインコ

キビタイボウシインコは、
おしゃべりで歌も得意なラテン気質の鳥。

平均寿命:約40年
価格:35万円~

トレードマークは黄色いボウシ。
知らない人にも動じない陽気な性格。

キビタイボウシインコの動画を見て、
マツコは「難点はただの変な人」といったのでした。

スポンサードリンク

セキセイインコ

セキセイインコは、しゃべる鳥の代表格。

平均寿命:約7年
価格:2000円~

約150種類のカラーバリエーションがある。

紹介していたのと同じ動画だと思います↓

初心者でも飼いやすい。
口癖などを自然と覚える。

タイハクオウム

『変幻自在のトサカ頭』

タイハクオウムは、ヒトと触れ合うのが大好き。

平均寿命:約40年
価格:40万円~。

愛嬌のある性格で感情表現豊か。
頭の羽が広がり全身で感情を表現。

テンションが上がると
ヘビメタのような
愛らしいダンスを披露します。

絹のような肌触りで
つるつるしています。

ヨウム

『ヨウムは、5歳時並の知能!?』

1990年代以降に行われた実験で
あるヨウムが5歳児に匹敵する結果を出したそうです。

平均寿命:約50年
価格:25万円~。

赤い尾羽がポイント
訓練すれば会話も流暢にできる。

とても稀少な鳥のため
100万円近くになることも。

番組で紹介していたヨウムさんじゃないけど↓

番組で披露されていたヨウムは2日間で
マツコという言葉を覚えたそうで、
「マツコかわいいね」
「マツコうふふ」
「マツコぶっとび~」
などとしゃべっていました♪



まとめ

ちなみにこんな記事もあります↓
インコがストーブで暖を取る姿がSNSで話題!【スッキリ】

この日のもう1つのマツコの知らない世界↓
【マツコの知らない世界】進化のレトルトカレー!LEE、ククレ、湘南ドライカレーほか

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ