【世界一受けたい授業】中山裕木子先生の英語は3語で伝わる!

先生

2017年2月25日放送の「世界一受けたい授業」の
「英語は3語で伝わる!
今すぐ使える魔法の英会話テクニック 」
の紹介!

スポンサードリンク

英語は3語で伝わる

2020年東京五輪を控えて英語熱が高まる一方、
多くの日本人は文法などを気にしすぎて
英語のコミュニケーションが苦手。

しかしそんな英語はたった3語で
伝えられるといいます。

教えてくれるのは「会話もメールも
英語は3語で伝わります」の著者 中山裕木子先生。



『わたしの仕事は英語教師です。』
を普通に英語でいうと

My job is an English teacher.

I /teach /English

①主語②動詞③目的語

主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけで伝わります。


『わたしは山中選手の大ファンです。』
を普通に英語でいうと
I am a big fan of Yamanaka.

3語でいうと

I love Yamanaka.



中山裕木子先生によると
英語を使う第一歩は、ホニャララを話す!

何を話すのが上達への一番の近道だと思いますか?

正解は



自分のこと
自分自身の経歴や仕事、趣味に関することを
英語3語に置き換えて話す練習をすれば、
英語力もつき、外国人と何を話していいか
戸惑ったときにも役に立つのです。

堺正章さんの場合
I am performing Goku in a TV drama.

3語でいうと

I play Goku.



便利な動詞10個

そこで海外留学経験者140人に聞いた便利な動詞10個を紹介。

【10位→use(使う)】



【9位→tell(伝える)】

スポンサードリンク



【8位→like(好き)】

I like that!
いいね!と相手に賛同する意味でも使えます。


【7位→see(見る)】

I see!
わかった!
親しい間柄でよく使われます。


【6位→do(する)】

I will do my best.
最善を尽くします。



【5位→go(行く)】

Bananas go bad.
バナナって傷みやすいよね。

~になるという意味でも使います。



【4位→make(作る)】



【3位→get(手に入れる)】

I get it!
わかったわ!
「理解した。」という意味でもよく使われます。

【2位→take(取る)】

I take you around.
案内するよ

ほかにも
写真を撮る→take a picture
予約をする→take a ticet
離陸するする→take a off

などたくさんの場面で使われます。

しかし、take out(持ち帰る)は
海外では通じにくいので要注意です。

アメリカ→to go

イギリス→take away


【1位→have(持つ)】

ピコ太郎さんも使っています。

また、例えばホテルのフロントで、
「Do you have a room?」と聞けば、
部屋は、空いてますか?
という意味になります。



Getは”電話に出る”や”玄関に出る”などに使え、
tellは”占いができる”という意味もあります。

佐藤栞里さんが外国人向け観光ガイドに挑戦!

英語が全く駄目な佐藤栞里さんですが
中山裕木子さん監修の名詞58語・動詞42語の
英単語100個を2週間かけて覚えました。

英単語を覚えるコツは、
ネットで英単語を打ち込み、
画像検索で出てきたたくさんの関連画像と
いっしょに覚えると理解が深まるとのことです。

そして2週間後やってきたのは浅草。
日本にきたばかりのマイケルさんと
友達のダイアナさんを案内します。

You see Thunder Gate.

The God causes thunder.

He carries thunder drums.

This shop sells fans.

We call Sensu.
といった感じ。

浅草寺内などを覚えた単語3語を駆使して案内、
ちゃんと通じていたのでした。



まとめ

この日の世界一受けたい授業の記事↓
【世界一受けたい授業】家族ががんになったら!サポートや医療費など

【世界一受けたい授業】ガイ・ウィンチ先生の自分で心を手当する方法!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ