世界一受けたい授業:健康鍋のレシピまとめ!海鮮みぞれ鍋や発酵トマトチーズ鍋:佐藤秀美先生

発酵トマトチーズ鍋

2020年1月25日放送の「世界一受けたい授業」

佐藤秀美先生の血管が元気になる健康鍋。

海鮮みぞれ鍋や発酵トマトチーズ鍋、
サバ味噌煮缶の鍋のレシピの紹介!

スポンサードリンク

佐藤秀美先生

佐藤秀美先生は以前にも
いろいろな鍋のレシピを紹介してくれました。

【世界一受けたい授業】アーモンドミルク美肌鍋のレシピ!カリフラワーで栄養アップ!佐藤秀美

【世界一受けたい授業】トマト鍋でチーズしゃぶしゃぶのレシピ!佐藤秀美

【世界一受けたい授業】風邪予防に免疫力アップ鍋のレシピ!佐藤秀美

【世界一受けたい授業】麻婆豆腐鍋のレシピ!小松菜で老化予防!佐藤秀美




発酵トマトチーズ鍋のレシピ

発酵トマトチーズ鍋

血管を硬くする“活性酸素の働き”を抑える鍋

『材料』(1人前)

発酵トマト トマト500g(中玉4個)
 
塩 5g(トマトの1%)

水 1カップ(200ml)

玉ねぎ 1/2個

鶏むね肉 200g

しめじ 1パック

ブロッコリー 1株

スポンサードリンク

アボカド 1個

ミックスビーンズ 50g

ブラックペッパー 適量

ナチュラルチーズ 60g

『作り方』
(発酵トマトの作り方)
1.トマトを1cmの角切りにする。

2.容器にトマトと塩を入れて混ぜ、
フタをし、常温で2日置く(夏なら1日)。

3.トマトから空気の泡が出てきたら完成。
冷蔵庫で保管する(2週間保管可能)。

(発酵トマトチーズ鍋の作り方)
1.鶏むね肉・ブロッコリーは一口大に切る。
玉ねぎ・アボカドは薄切りにする。
しめじは石づきを切り落としてほぐす。

2.鍋に発酵トマトを入れて、水を入れ、強火で温める。

3.沸騰したら中火にして、鶏むね肉を入れる。

4.玉ねぎ・しめじ・ブロッコリー・アボカド
ミックスビーンズを入れる。

5.こしょうを適量振りかける。

6.ナチュラルチーズをまぶして、
チーズがとけるまで煮てできあがり!



サバ味噌煮缶の鍋のレシピ

サバみそ煮缶鍋

血管を柔らかくしてくれる鍋。

『材料』(1人前)
無調整豆乳 2カップ(400ml)

サバ味噌煮缶 1缶200g 

カレー粉 小さじ1半  

にんじん1/2本(200g)

キャベツ 1/4カット(300g)

小松菜 200g

厚揚げ 3/4個

舞茸 1パック(130g)

『作り方』
1.キャベツ・小松菜はざく切りにする。

にんじんは短冊切りにする。

まいたけは手でほぐす。

厚揚げは食べやすい大きさに切る。

2.鍋に無調整豆乳を入れ、
沸騰させないよう弱火であたためる。

3.サバ味噌煮缶、カレー粉を入れて軽く混ぜる。

4.キャベツ・にんじん・厚揚げ・まいたけ
小松菜を入れて、煮たらできあがり!


海鮮みぞれ鍋のレシピ

海鮮みぞれ鍋

睡眠の質を高めてくれる鍋

『材料』(1人前)
水 2カップ(400cc)

白菜 1/4カット

ブラックタイガー 6尾

紅鮭 2切れ

しいたけ 4個

長ねぎ 1/2本

木綿豆腐 1/2丁

あさり 200g(大きめ)

豆苗 1パック

大根 1/2本

ポン酢 食べるときに少々

『作り方』
1.白菜はざく切りにする。

しいたけはかさを厚めに切る。
 
ねぎは筒切りにする。

豆腐は一口大に切る。

大根はすりおろす。

2.ブラックタイガーの殻・ワタ、鮭の皮をとり、
鮭をカットする。

3.鍋に水を入れ、砂抜きしたアサリを入れ、
蓋をして、口が開くまで強火で煮る。

アサリを一旦あげて、白菜を入れる。

4.鮭・海老・ねぎ・豆腐・しいたけ・豆苗・アサリを入れ、
すりおろした大根をのせ、煮る。

器に盛り、ポン酢をかけていただきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ