【ソレダメ】おいしいあさりの選び方&砂抜き法&あさりの牛乳味噌汁レシピも

あさりのおみそ汁

2017年3月22日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~」の中の
「今が旬!あさりの新常識」


おいしいあさりの選び方や
素早くできる砂抜きの方法、
あさりのレシピも紹介!

スポンサードリンク

あさりの新常識

おいしいあさりの選び方

【口は固く閉じているものを選ぶ】

少し口が開いているものは弱ってきているので
身が締まっていないものになります。

ちょっと触って口が閉じるのは
新鮮なもの。


【色は関係なし】

白っぽいもの、黒っぽいものなどありますが、
色は関係ありません。


【平らで幅が広いあさりを選ぶ】

おいしいあさり

一見丸みがあって大きいものが
美味しいように見えますがそれは間違い。

ふっくらと丸みのあるあさりは浅瀬のあさりで、
身を守るため栄養を殻に使用しています。

一方平たくて幅の広いあさりは沖のあさりである場合が多く、
栄養を蓄え美味しいあさりが多いのです。
 



あさりの砂抜き法

どれがソレマル?

1.塩水に入れ一晩置く。
2.新聞紙で暗くする。
3.お湯で砂抜き。
4.釘を入れる



1.塩水に入れ一晩置く。
塩水につけると砂は抜きやすいが、
砂抜きに必要な時間は2~3時間なので、
一晩浸けるというのが鮮度が落ちてしまう。

3.新聞紙で暗くする。
暗くするのは、住んでいる状況に近くして
鮮度を保つためで、
砂抜きにはあまり関係ない。

3.お湯で砂抜き。
50℃くらいのお湯に入れるとあさりがビックリして
身を守ろうとして砂抜きをする。

※50℃のお湯を作るには
水と同量の熱湯を入れる。
(例えば500mlの水に沸騰したお湯500mlをいれると
50℃になる。)

※100℃だと死滅してしまいますので50℃くらいが適温

4.釘を入れる
これは迷信でまったく意味がな。

ソレマルは50℃のお湯で15分。
塩水だと2~3時間かかる砂抜きが、
お湯だと15分ほどでできます。



あさりのレシピ

小山浩子さんのおみそ汁のレシピ。

スポンサードリンク

小山浩子さんは料理本のアカデミー賞と言われる
「グルマン世界料理本大賞」の受賞歴もある、
今注目の料理研究家。




【あさりの牛乳味噌汁のレシピ】

『材料』

あさり

昆布だし
牛乳
味噌

『作り方』

1.あさりを鍋に入れ、殻が熱くなるまで炒める。

2.①にお酒を入れフタをして酒蒸しにする。
目安はカチカチと音がして殻が開いてくる程度まで。

※酒を入れることで身がふっくらとし、
臭み取りにもなります。

3.殻がしっかり開いたら昆布だしを入れ、
中火で温め、いったん火を止める。

※強い火で加熱すると水分が急に出て
身が硬くなってしまう

4.あらかじめ味噌と牛乳を合わせておく。

※味噌と牛乳を別々に入れると、
牛乳が単独で主張してしまうので、先に溶いておくとなじむ

5.火を止めて④の牛乳味噌を入れ、
混ぜればできあがり。

※味噌汁に牛乳を使うことで、コクが出るので
味噌の量が通常の半分に!

また、塩分が控えられるので
高血圧や動脈硬化の予防にも効果的。

さらに牛乳を合わせることで、
あさりの鉄分などの吸収を高められます。

番組で試食していましたが、
牛乳が入っていいるという感じがなく、
優しい味でおいしいそうです。



あさりについては以前こちらでも紹介↓
【ソレダメ】正しいあさりの砂抜きの方法、おいしいおみそ汁の作り方!



まとめ

この日のソレダメの記事↓
【ソレダメ】肩こりや腰痛にながらヨガのやり方!肩甲骨のタオル体操も

【ソレダメ】プロのおいしいサンドイッチの作り方!メルヘン

【ソレダメ】おいしい食パンの見分け方やクロワッサンの温め方も!

【ソレダメ】おいしいあさりの選び方&砂抜き法&あさりの牛乳味噌汁レシピも

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ