【ヒルナンデス】ヒル活:柴犬の動物ぽんぽんの作り方!by黒田翼

動物ぽんぽん

2017年6月30日放送の「ヒルナンデス」の「ヒル活」。

金曜日のヒル活は
インスタグラムで人気のインスタ女王から
女子力が上がる技を学びます。

今回は幅広い世代の女性に今大ブーム!
動物ぽんぽんの作り方を
黒田翼さんに教えていただきます。

今日作るのは柴犬。

IID世田谷ものづくり学校で教えてもらうのは
メイプル超合金、光浦靖子さん
美尻王子こと竹田純さん。

スポンサードリンク

動物ぽんぽんとは?

動物ぽんぽんの作品集の累計発行部数が20万部越えの、
インスタグラマーtrikotriこと黒田翼さんに教えてもらいます。
 
“ぽんぽん”とは、もともとは毛糸などで作る玉のこと。

動物ぽんぽんとは丸い毛糸の玉を刈り込んだりして
動物の表情を作り出すというもの。




柴犬の動物ぽんぽんの作り方

『用意するもの』
ぽんぽんメーカー
毛糸(白、茶色、ベージュ、グレー)
たこ糸
羊毛
手芸用はさみ
ニードル
手芸用合成接着剤
フェルティングマット
ほか

動物ぽんぽんいるもの

スーパーポンポンメーカーと
毛糸や本などがセットになったもの↓



【柴犬の動物ぽんぽんの作り方の動画】





【柴犬の動物ぽんぽんの作り方】

1.ぽんぽんメーカーに、黒田さんが作った「巻き図」の設計図
通りに毛糸をずらしながらきつく巻いていきます。

巻き図通りに巻いていくことで、リアルな模様や
グラデーションが表現できます。

 動物ぽんぽん設計図

茶色を巻く

目の上の糸(白色)巻く

頭頂部の糸(ベージュ)を巻く

口の周りの糸(グレー)を巻く

顔の下半分(白)を巻く

2.全部巻けたら、中心から糸を切る。

動物ぽんぽん
 
3.糸を切り終わったら、真ん中をタコ糸で縛り、
ぽんぽんメーカーを外す。

4.手のひらでやさしく転がし、
ハサミで丸くなるようにカットする。

5.マズル(口、鼻の形)を作る。
フェルティングニ―ドルという針のような道具で
つついて固めて鼻のもりあがりを作る。

スポンサードリンク

全ての毛糸をマズルに集中させる。
 
動物ぽんぽん鼻

動物ぽんぽん鼻

6.目、鼻、口、耳をつけて
ぽんぽんに命を吹き込みます。

耳は付けたい部分の毛糸を
かき分けて埋め込みます。

 



以前あさイチでやっていたくまの動物ぽんぽんの作り方

 
1.ぽんぽんを作ります。
専用の器具に毛糸を2本合わせ、片方ずつおよそ190回巻きます。

2.巻いた毛糸の真ん中を手芸用のはさみで切ります。

3.切った部分に、たこ糸をはさんでほどけないようにきつく結び、器具を左右に引っ張るとぽんぽんができます。

動物ポンポン くま

動物ポンポン

4.鼻と口の部分になる凹凸をつくります。
中心よりも下の部分に500円ぐらいの大きさの円(黄色の丸の部分)を残し、周りを1センチぐらいカットします。
(頭頂部を決めて、まち針で目印をつけると作業がしやすい)

動物ポンポン くま

5.凹凸部分にニードルを横に刺して毛糸を絡ませて固めていく。

6.羊毛で鼻を作ります。
羊毛を丸めて、ニードルで刺しながらつけます。

7.毛糸で耳を作ります。
10センチほどの毛糸(ぽんぽんを作った毛糸と同じ色)を24本用意します。
耳を付ける部分を決めます。
毛糸を2本ずつとり、毛糸の真ん中をニードルを使って、ぽんぽんの奥に刺しながら付けます。

動物ぽんぽん くまの耳

このままだとつけた毛糸がバラバラになっているので、毛糸に対して垂直にニードルを刺して、バラバラの毛糸をくっつけます。

動物ぽんぽん くまの耳

これを繰り返します。
片耳12本付けてください。

最後にハサミで耳の形に整えます。

8.目をつけます。
人形用の目に合成接着剤を少量つけて、好みの位置に目を接着します。

9.羊毛で口を描きます。
羊毛を使って、鼻の下に“人”の文字を描くようにニードルで刺しながらつけます。

動物ぽんぽん くまの口

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ