珍しい自動販売機!京都府舞鶴市のドライブインダルマ【黄金伝説】

自動販売機

2016年5月5日放送の「いきなり!黄金伝説。」の中の「お客さんが集まる珍しい自動販売機」

なぜか客が集まるという田舎の謎の自販機にオードリーが張り込み調査!

どんな人が買うのか、ナゼここで買うのか、そして客を集める商品とは?

今回は京都府舞鶴市のドライブインダルマを1日はりこんで底調査。

スポンサードリンク

京都府舞鶴市のドライブインダルマ

ジュークボックスなどレトロな遊具が揃う京都のドライブインダルマ。

ドライブインダルマ
京都府舞鶴市字丸田822-1



ハンバーガーの絵柄でホットドッグの文字。

取り出し口の「取出口」という文字が逆になっている。
「取り付けミスじゃないの?これやった人はたぶん部屋が汚い」などと批判ぎみの若林。

そしてラーメンやきつねうどんなどの自販機。

以前調査した麺類の自販機は、
器を回転させ遠心力でお湯を飛ばし湯切りするシステムだったが、
今回のものは以前とは仕組みが違う珍しい機種だという。

一体この自販機は1日いくら売り上げるのか?
偽自販機に隠れて調査開始!

最初のお客さんはきつねうどん。
そして次々とお客さんが来ます。

オードリーは偽自販機から飛び出して、
お客さんにきつねうどんの揚げの感じを聞くと
「ふわふわ。だしが染みておいしい」とのこと。

その後もお客さんは途絶えず。
インタビューすると古くからの客が多かった。

ここで試食タイム!

若林が250円のきつねうどんを購入。

自販機のうどん

若林は「揚げがおしくて、
おだしが本当に染み込んでいて甘くて上品なお揚げ。
めんもつるつる。ゆでたてって感じ。これはうまい。」

続いて天ぷらうどんは…。
若林「サクサクしてるし、時間を置いてる感じがしない。」

そして、ホットドッグロースハムと書かれていて
下にハンバーガーの絵がついているものを購入。

自販機のホットドッグロースハム

ホットドックの味だけど
ハンバーガーの形をしているそう。

その後、補充の人がやってきたので
どこで作っているのか聞くと
なんと調理は全てすぐ隣にあるレストランで行っていた。

スポンサードリンク

きつねうどん、天ぷらうどんの作り方

レストランで作り方を見せてもらいます。
うどんは生うどん。

具材づくりのこだわりもすごいんです。
ラーメンのチャーシューは自家製。

天ぷらに使うのは色鮮やかな干しえび。
小さい揚げ玉をたくさん作り、全体を覆っていきます。
1枚の大きいかきあげを作り、適当な大きさにわける。
その方がサクサクになるとのこと。

そしてお客さんたちが絶賛していたお揚げは
1度熱湯で油抜きをして、絞って調味料で煮るのですが、

落し蓋ではなく落とし皿。
味付けにはこのお皿が絶妙な重さなんだそうです。

そして1番のポイントが多く自販機に入れないこと。
作り置きをせずにまめに補充をする。

すぐ隣で作っているからまめに補充でき、
できたてに近い状態で提供できる。

店員さんによるとこの自販機は42、3年稼働していて、
2004年の台風23号で浸かったこともあるが、
修理をして現在も使用している。

この自販機はここにしかないかもしれないとのこと。

ここで1日かけた調査が終了。
この4台(ハンバーガー、ラーメン、きつねうどん、
てんぷらうどん)の来客人数は26人。
売り上げ合計は6250円でした!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ