【がっちりマンデー】潤滑油スプレーのベルハンマーとレッドゾーンスプレーが対決!

2016年8月28日放送の「がっちりマンデー」は
「東京ビッグサイトの展示会で発見!未来の儲かる原石III 」

そのなかから潤滑スプレーのベルハンマーと
レッドゾーンスプレーを紹介!

スポンサードリンク

日本ものづくりワールド2016

東京ビッグサイトで6月22日から3日間開催されたイベント
「日本ものづくりワールド2016」は、
ジャンルの違う4つのものづくりをテーマとした合同展示会。

3日間で8万7千人の関係者が来場、
まさに世界最大級のものづくり専門展。

機械要素技術展のブースには昨年5月に放送した
展示会シリーズ第1弾にも出演した
スズキ機工(株)の鈴木豊社長がいました。

当時紹介した何でもすべりやすくする
潤滑スプレー「ベルハンマー」は
その後注文が殺到したという。

しかし調子に乗って大量生産し、
2か月たったら売り上げが激減。

この展示会でも再び猛アピールしているとのこと。

鈴木社長は気になるブースがあるそう。

それはこの展示会にも出展されている
(株)研削研磨の潤滑スプレー「レッドゾーンスプレー」
という商品。

そのブースに行ってみると人だかり。

研削研磨の森田修司専務は、
世界トップレベルの潤滑性があると語ります。

スポンサードリンク

スタッフが両社にどちらが滑るのか
対決の申し入れをしたところ、
それぞれOKがもらえた。

後日決戦をすることに。

ベルハンマーVSレッドゾーンスプレー

決戦の日、千葉県松戸市のスズキ機工へ、
研削研磨の森田専務がレッドゾーンを持って訪れた。

2人は初対面。
握手をします。

判定に使うのは前回ベルハンマーの性能を
調べるために使った鉄の回転盤。

回転盤にそれぞれの潤滑油を塗り、
どちらが多くの人を載せて回転させることが出来るか対決。

ベルハンマーvsレッドゾーン、どちらが滑るか対決。

一般的な潤滑剤だと2人のってストップしてしまった。

まずはレッドゾーンから。
8人乗ったところでスペースの都合上もうこれ以上
乗れなくなったので、更に人に8.7kgの箱を持たせていった。
結果、8人と14箱となった。

続いてはベルハンマーの挑戦。

レッドゾーンの記録8人14箱に対し、
ベルハンマーは8人4箱で止まってしまい、
レッドゾーンの勝利に終わった。

その後、鈴木社長はベルハンマーを
機械に吹きつけて馴染ませる際に
ミスがあった可能性があると分析。

再チャレンジしたところ、
見事レッドゾーンと同じ
8人14箱を乗せることが出来たのでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ