血糖値を5分で下げる体操のやり方!【金スマ】

体操、運動、ストレッチ

2019年2月8日放送の
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」

血糖値を5分で下げる体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

血糖値を5分で下げる体操

いまベストセラーとなっている書籍が
『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』。

この本には時間をかけなくても
簡単で抜群の効果を出す方法が紹介されています。

考案したのはスポーツトレーナーの
中野ジェームズ修一先生。



血糖値危険度チェック

・40歳以上である

・炭水化物が大好き

・食事を抜くことがある

・食後はいつも眠くなる

・1日6時間以上座っている

この5項目のうち1つでも当てはまると
危険性があるとのこと。

そこで食後5分で血糖値を下げる運動を
教えてくれました。

ジョギング15分・ウォーキング1時間に
相当するとのこと。

食後30分以内に行うと良いとのことです。


血糖値を5分で下げる体操

血糖値を5分で下げる体操

椅子を背もたれが向かい合うように
自分の体の両サイドに置きます。

①屈伸体操のやり方

1.椅子の背もたれに手を置く

2.足を大きく開く

3.後ろに椅子があるとイメージし、
腰かけるようにお尻を落とす。

※できないかたは浅く曲げても
効果はあるとのこと

4.お尻を落としたら元の姿勢に戻す。
つま先は外側にむく。

合計20回行います。



②片足曲げ体操のやり方

1.椅子の背もたれに手を置き
足を前後に大きく開く。

2.この状態で腰を落とし、足を曲げる。

3.右足が終わったら左足も同様に行う。

左右合計20回行います。


③もも上げ体操のやり方

1.椅子の背もたれを持つ。

2.右足を前にして左足を後ろにし
後ろの足をグッと前に持ち上げる。

※ももが上がらない方は
少し上げるだけでもo.k

3.元の位置に戻す。

逆の足も行い
左右合計20回行います。



④沈み込みもも上げ体操のやり方

③の体操を沈み込んでからももを上げます。

1.椅子の背もたれを持つ。

2.右足を前に出し、左足を後ろに引く。

3.少し沈み込んでからももを上げる。

左右合計20回行います。


⑤屈伸もも上げ体操のやり方

1.椅子の背もたれをもち
足を左右に大きく開く

2.下に沈み込んだところから、
膝を上げて足をタッチする。

※きつい方は沈みこまず、ももを
あげるだけでもo.k

3.また沈み込み込む。

左右合計で10回行います。



本当に5分の体操で血糖値が下がるのか検証

本当に5分の体操で血糖値が下がるのか、
血糖値が高いタレント新田恵利さんで検証。

もち麦ご飯などを食べていましたが
朝食後1時間の血糖値は159。
正常な場合は70~140。

夕食後は171という異常値でした。

翌日、食後に5分の体操を取り入れます。

朝食後1時間の血糖値は131まで下がり、
夕食後は126まで下がりました。

その後、食後に5分の体操を行った日はすべて
正常値におさまる結果になりました。

同様の実験を血糖値の高い
40代以上の主婦10人で検証。

そのうち7人が体操により
血糖値が下がったのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ