呼吸法、瞑想、ヨガ

2019年6月11日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
不眠を解消。

ここでは不眠を改善ヨガ3ポーズのやり方の紹介!

スポンサードリンク

ぐっすり眠れる睡眠法

①電子機器の使用は寝る1時間前まで。
なるべくブルーライトを避ける。

②20分程度の昼寝をする。
短い昼寝は交感神経をしっかり働かせる。

昼寝にオススメの飲み物はコーヒーなど
カフェインが多い飲み物。

カフェインは飲んだあと30分後に発揮されるので
昼寝をした後、爽快に起きられます。

③最も効果が期待できるのはヨガの3ポーズ。

滋賀医科大学医学部附属病院の森田幸代医師は
ヨガを治療に取り入れ指導しています。

滋賀医科大学が推奨するヨガ3ポーズを紹介。

不眠改善ヨガ3ポーズのやり方

ヨガポーズ①

1.息を吸いながら手のひらを胸の前で重ねる。

ヨガポーズ

2.手と手を全力の半分程度の力で押合う。

3.「んー」と軽く声を出し、5~10秒かけて
息をゆっくり吐きながら行う。

4.息を吐き終えたら、力を緩めてをゆっくり下ろす。

この時も5秒から10秒かけ声を出しながら息を吐く。

ヨガポーズ

5.これを5回繰り返し行ないます。

※足はどんなポーズでも構いません。

ヨガポーズ②

1.息を吸いながら両手をあげて首を掴む。

ヨガポーズ

スポンサードリンク

2.息を吐きながら5秒~10秒かけ
掴んだ手の方向にゆっくり体を引っ張る。

ヨガポーズ

3.息を吐き終えたら体を戻し、
力を抜いて、
息を吐きながら手をおろす。

ヨガポーズ

4.5回繰り返したら反対側も同様に行う。

ヨガポーズ③

1.仰向けに寝て片方の足を手で抱える。

ヨガポーズ

2.息を吐きながらゆっくり足を内側に倒す。

ヨガポーズ

3.倒したら手と膝で軽く押し合う。

4.力を抜き息を吐きながら元の体制へと戻る。

ヨガポーズ

5.5回繰り返したら反対側も行う。

ポイント

行うタイミングはいつでもよい。
時間がある時にします。

大切なことは呼吸を意識しながら、
力を入れる、 力を抜くこと。

交感神経と副交感神経を切り替える力がアップし、
深い睡眠を得られる可能性が高まります。


6月11日のたけしの家庭の医学

【家庭の医学】肩こり改善治療の「ハイドロリリース」の病院の場所は?

【たけしの家庭の医学】腰痛改善にぴったりステップ脳トレーニング!下半身のセンサーの衰え改善

スポンサードリンク