たけしの家庭の医学:おへそ引っ込め体操のやり方!骨密度アップに

2019年8月6日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
『いつのまにか骨折』を未然に防ぐSP

心不全など命に関わる病にもつながる
『いつのまにか骨折』
そのリスクを数秒でチェックする方法とは?

名医考案!30秒でできる簡単背骨若返り術!

スポンサードリンク

いつのまにか骨折のチェック法

歯茎を見るだけで判断できます。

わらったときに歯茎が下がり
歯の根元が露出していると、
いつの間にか骨折のリスクが高くなります。

いつの間にか骨折の要因となる
背骨の骨密度低下するとアゴの骨密度も
下がため。

アゴの骨密度が下がると、
アゴの骨が小さくなって歯茎が下がり
歯の根元が露出してしまうのです。

おへそ引っ込め体操のやり方

いつの間にか骨折を防ぐための
簡単背骨若返り術。

1.足を肩幅に開き、背筋を伸ばす。

スポンサードリンク

おへそ引っ込め体操

2.お腹をグッと引っ込める。

お腹を背骨にくっつけるイメージで、
おへそ周りの筋肉を意識するのがポイント。

おへそ引っ込め体操

30秒で1セットとして、1日5セット行います。

1度に5回続ける必要はありません。

1日の合計が5セットになればいつ行っても
かまいません。

※息を止めると血圧が上がるため
呼吸をしながら行ってください。

骨密度が増える理由

お腹を思いっきり引っ込めると腹筋や背筋が収縮し、
前と後ろから背骨に刺激が伝わります。

その刺激によって背骨の骨密度が増えていくと
考えられます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ