秋元さくら流鶏肉をパリパリに焼く方法!鶏もも肉のパリパリソテーのレシピ:あさイチ

鶏肉のパリパリソテー

2019年9月10日放送の「あさイチ」の
ハレトケキッチンは
阿部サダヲさんの“ガッツリ鶏肉料理”

フレンチ 秋元さくらさんの
子どもも喜ぶ鶏もも肉のパリパリソテーのレシピの紹介!

スポンサードリンク

鶏肉のソテーのパリパリへの道

①フォークで穴あけ

②皮に2か所切込みを入れる

③皮の脂を出しきるまでじっくり焼く



秋元さくらさんの鶏もも肉のパリパリソテーのレシピ

皮目をパリッと焼くワザや、
ガッツリだけど爽やかにいただける
レモンのソースも披露。

『材料』(2人分)
鶏もも肉 2枚

塩 小さじ1

オリーブ油 大さじ2

にんにく(つぶす) 1かけ

ローズマリー(生) 1本

じゃがいも(メークイン) 1個

クレソン 適量

(ソース)
水 100cc

にんにく(みじん切り) 小さじ1/2

トマト 1/2個

レモンのしぼり汁 小さじ1強

オリーブ油 小さじ2

『作り方』

(準備)
1.鶏もも肉は室温に15分以上おき、
筋切りして、身の厚い部分に切り目を入れる。

皮側からフォークで40か所ほど穴をあける。

そして、皮を下にして、2か所を皮ごと
切り込みを入れる。

鶏肉のパリパリソテー

太ももとすね・ふくらはぎの間にある、
皮が見えている薄い部分と、
太ももの上部分の中央部分を切る。

この2か所を切ると皮が密着するのでパリパリに。

鶏肉のパリパリソテー

両面に塩を振る。

2.じゃがいもは塩ゆでして縦長になるよう半分に切る。

3.ローズマリーは半分の長さに切る。

4.トマトは8ミリ角の角切りにする。

5.蓋のかわりに、アルミホイルで筒を作る。

アルミホイルをフライパンの内側の大きさに合わせて
筒状にし、上部を少し内側に丸める。

※これをつかうことで油はねを気にしないですむ。

鶏肉のパリパリソテー

(ソテー)
1.冷たいフライパンにオリーブ油、つぶしたにんにくを入れ、
にんにくの香りが出るまで中火にかける。

2.フライパンからにんにくを取り除き、
鶏もも肉を皮目から入れ、その上にローズマリーをのせる。

空いている部分にゆでたじゃがいもの断面を下にして入れ、
アルミホイルをのせ、皮がこんがりきつね色になるまで
中火で7分から8分ほど焼く。

鶏肉のパリパリソテー

3.強火にし、さらに1分ほど焼く。

4.弱火に落として上下を返し、ローズマリーを
肉の上に乗せなおし、2分ほど焼く。

5.じゃがいも、ローズマリーを取り出し、
鶏もも肉は皮目を上にしてのバットに取り出して
2分休ませる。

6.ソースを作る
フライパンの油を捨て、中火にかけて水を入れ、
フライパンの底についたうまみをヘラでこそげとる。

7.みじん切りのにんにく、トマトを入れて軽く炒める。

8.鶏もも肉のバットにたまった肉汁、レモンのしぼり汁、
オリーブ油を加え、ヘラで混ぜながら乳化させて
ソースを仕上げる。

7.鶏もも肉のソテーは食べやすい大きさに切り、
じゃがいも、クレソンとともに器に盛りつける。

ソースをかけてできあがり!

※皮のパリパリ感をいかすため、
ソースはソテーの手前半分にかけるのがおすすめ。




秋元さくらさん



ハレトケキッチンのレシピ

あさイチ:特製ラー油のよだれ鶏のレシピ!中国料理の山野辺仁さんのハレトケキッチン 阿部サダヲ

あさイチ:鶏肉5種の甘辛煮のレシピ!篠原武将さんの ハレトケキッチン 阿部サダヲ

阿部サダヲさんおすすめのちょい足し調味料!アルル塩、ぶどう山椒:あさイチ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ