浅草 みそ汁専門店「MISOJYU(みそじゅう)」の人気のメニューやアレンジレシピ!

おみそ汁

2020年1月18日放送の「メレンゲの気持ち」の
石塚英彦の通りの達人

みそ汁専門店「MISOJYU(みそじゅう)」の人気のメニューや
みそ汁のアレンジレシピの紹介!

スポンサードリンク

MISOJYU

味噌汁を看板メニューにする店「MISOJYU」。

2018年にオープン以来女性を中心にに大人気。

定番の豆腐とわかめの味噌汁から
季節の素材にこだわった個性的な味噌汁など
常時5種類以上の味噌汁がいただけます。

みそじゅうの全てを手掛けるエドワード・ヘイムスさんは
生まれは東京。

お母さんは新潟、お父さんはアメリカ人。

子供のころから慣れ親しんだ味噌を世界に発信したいと開店。

お味噌汁をメインに提供しようというのがコンセプト。

一番人気の「まるごとトマトとほろほろ牛スネの みそポトフ」は
10時間以上煮込んだ牛スネ肉と丸ごとトマトが入った洋風味噌汁。

トマトも味噌も旨味成分はグルタミン酸、うまみが増幅し相性抜群。

みそじゅうで使われているみそはすべて島根県産。

エドワードさんが全国20種類以上食べ歩いて
コクとうま味の強い島根産を選択。

人気の秘密はSNS。

味だけでなく見た目にもインパクトがあります。

写真写りを良くするため具材は大きめ、
お椀も大きなものを使用。
その結果SNSで映えるみそ汁と拡散されて注目を集めています。

書道家武田双雲さんが愛してやまないみそ汁は
「豆乳とホタテのとろーり みそポタージュ」。

実は武田双雲さんと一緒に始めたお店で
店内で武田さんの作品を楽しめます。

メニュー

・いつもと違ういつもの豆腐のおみそ汁 858円(単品・税込)
・ゴロゴロ野菜と角煮のすんごいとん汁 968円(単品・税込)
・森のいろいろきのこのおみそ汁 858円(単品・税込)
・まるごとトマトとほろほろ牛スネの みそポトフ 968円(単品・税込)
・豆乳とホタテのとろーり みそポタージュ 968円(単品・税込)

季節限定のメニューもあります。

♪————————-♪
お店:浅草のおみそ汁専門店 MISOJYU

住所:東京都台東区浅草1-7-5

HP:★浅草のおみそ汁専門店 MISOJYU
♪————————-♪


エドワードさん直伝!カンタンアレンジみそ汁のレシピ

『材料』
お好みのみそ汁の具
(番組では豆腐とわかめ)

お好みのだし

(合わせ味噌)
お好みの味噌
ピーナッツバター
ケチャップ
牛乳(生クリームでも可)

『作り方』
1.お好みの味噌をボウルに入れ、ピーナッツバターを加えて混ぜる。

※ピーナッツバターに含まれる油分で
濃厚なコクが出て、味噌汁の深みがアップ。

2.ケチャップ・牛乳(または生クリーム)を加えて混ぜ合わせる。

※グルタミン酸を多く持つケチャップ
牛乳または生クリームでまろやかさをプラス。

これで合わせ味噌の完成。

3.お好みの出汁を加えて②の合わせ味噌を溶かす。

4.お好みの具材をあらかじめ温めておき、器に盛る。

③を注いでできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ