世界一受けたい授業:肩こり・腰痛改善の神ストレッチのやり方!ラグビートレーナー佐藤義人先生

腰痛、腰

2020年1月18日放送の「世界一受けたい授業」の
日本の危機6位は「肩こり・腰痛」。

ラグビーワールドカップの
日本チームのトレーナーを努めた佐藤義人先生の
肩こりや腰痛を改善にする神ストレッチの紹介!

スポンサードリンク

“神の手トレーナー”佐藤義人先生

2019年、日本列島を沸かせたラグビーワールドカップ。

全試合に出場し大活躍をした堀江翔太選手が
「体のすべてを預けている」と語った人物こそ
佐藤義人先生。



肩こりの原因

寒いこの時期、肩をすぼめる姿勢を取っていませんか?

寒さだけでなく、パソコンやスマートフォンを
長時間使っても同じ姿勢に。

実は、肩や腕が内側に入ってしまうことが、
肩こりの原因になります。

そこでねじれた腕を本来の位置に戻す簡単ストレッチ
腕のばしのやり方です。

たった30秒でできます。

肩こり改善に腕のばしのやり方

肩や腕が内側に入ることが肩こりの原因になります。
ねじれた腕を本来の位置に戻す簡単ストレッチ。

1.指先を自分の方へ向けてテーブルに手をつく。

※この時、手首から肘まで、
しっかり伸びていることを意識します。

2.もう一方の手で親指以外の指を小指から順番に
1本ずつ持ち上げて弾いていく。

3.同様に反対の腕も行います。

※楽にできる場合はより深く手前に倒すことで
負荷をかけられます。

肩こり改善に腕のばし

※1日5回ずつを目安に、
無理をせず自分のペースで行ってください。

約2週間で肩こりの解消の効果が期待されるとのことです。

スポンサードリンク



肩こり・腰痛は背中の筋肉を使えていないことも原因

肩こり・腰痛は背中の筋肉を使えていないことも
原因の1つになっています。

背骨に沿って縦に張り付いている、
背面のインナーマッスル「多裂筋」

そこをしっかり鍛え、正しい姿勢をキープすることで、
肩や腰への負担を減らすことができます。

肩こり・腰痛改善ストレッチ 壁ペタ伸ばしのやり方

1.足を肩幅に開いて、壁をつま先を向けて立つ

2.腕を真上に伸ばし、手のひらを壁につける

3.この姿勢からゆっくり5秒かけて腰を落とす。

※ポイントは、胸を壁から離さない。

4.ゆっくり元の姿勢に戻る。

壁ペタ伸ばしストレッチ

※5秒×10回を1セットとして1日3セット
無理のない範囲で行います。





腰痛の原因

ももの上部から腹筋にかけて伸ばすことで、
腰痛改善につながるストレッチです。

太ももの上部と腹筋の筋肉は
腰痛とは関係なさそうな筋肉ですが、
実は筋膜でつながっていて連動しています。

筋膜とは筋肉を包み込んでいる膜のこと。

太ももの筋肉と腹筋は筋膜でつながっており、
腹筋と切れ目なくつながっている筋肉が背筋。

猫背で座っている時間が長いと、
太ももの筋肉と腹筋が縮まり、
背筋も前に引っ張られるため、腰に負担が。

太ももの上部の筋肉と腹筋が動かなくなると、
腰の回旋の動きが悪くなります。

それが腰痛の原因になるとのことです。



腰痛改善に腹筋太もも伸ばしのやり方

1.仰向けに寝た状態から片方の脚を外側に出して曲げる。

2.曲げた膝が浮かないように
もう片方の足を太ももの上に乗せ、しっかり押さえる。

3.曲げている脚と同じ側の腕を目一杯伸ばし、
肩が浮かないように注意しながら、
この状態で5秒キープし力を抜く。

腰痛改善に腹筋太もも伸ばし

※5秒×5回を1セットとし左右3セットずつ
無理のない範囲で行います。

3週間行うと腰痛改善に効果が期待できるとのことです。



前回の神ストレッチ
世界一受けたい授業:肩こり・腰痛・首コリ改善ストレッチ!1分間伸ばすだけ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ