あさチャン:消毒液の作り方!エタノールで:除菌液の作り方も

掃除

2020年2月14日放送の「あさチャン」

新型コロナウイルスの感染で
いまや必需品となっている消毒液ですが、
全国的に品不足。

そこで専門家の方が家庭で作れる
消毒液の作り方などを教えてくれましたので
紹介します。

スポンサードリンク

手洗い用消毒液の作り方

感染制御学の専門家の小林寅喆教授によると
消毒液の代用品は作れるとのこと。

手を消毒する液はアルコールが主成分。

薬局などで売られている無水エタノールを使います。

『用意するもの』
無水エタノール

>>無水エタノール/200ml 防腐 殺菌 消毒 香水 原料 材料 素材 コスメ 化粧品 石鹸

『作り方』
無水エタノールと水を4:1の割合で混ぜるだけ。

これを手洗いの後に手に塗ることで
消毒液と同じ効果があります。

スポンサードリンク



家具などに使う除菌液の作り方

『用意するもの』

水 500ml

塩素系漂白剤 キャップ半分

>>ハイター 漂白剤 小 ボトル(600ml)【more30】【ハイター】

『作り方』
500mlの水にペットボトルの蓋半分程度の塩素系漂白剤を
入れてまぜればできあがり。

殺菌効果の高い消毒液を作ることができます。

使い方

千駄ヶ谷インターナショナルクリニックの
篠塚規院長によると
ドアノブやスイッチ類など頻繁に触る場所を消毒すると
高い殺菌効果がえられるとのこと。

除菌する箇所は、
・ドアノブ
・照明などのスイッチ類
・椅子の背もたれ
・リモコン
・スマホ
・テーブル
など

SARSコロナウィルスが流行した際は、
プラスチックの表面で48時間以上生存していたという
データも発表されています。

新型コロナウィルスも例外ではない
可能性があるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ