シューイチ:時空調理人のふわふわ豆腐のレシピ!江戸グルメ「豆腐百珍」

茶碗蒸し

2020年2月16日放送の「シューイチ」のまじっすかは
KAT-TUN 中丸雄一 時空調理人。

江戸時代に出版され、
当時大ベストセラーとなった料理レシピ本を解読し
江戸料理の復元に挑戦しますこ。

食事復元研究の第一人者
今回は永山久夫さんに教えていただきます。

ここではふわふわ豆腐のレシピの紹介!

スポンサードリンク

レシピ本「豆腐百珍」

1782年出版。

当時豆腐はタンパク質などの栄養価が高く、
重宝されていました。

その豆腐を使ったレシピが
100種類掲載されているレシピ本。

レシピは「尋常品:家庭でよく食べられていたもの」や、
「奇品:変わった料理」など、
合わせて6つの項目に分類されていました

江戸時代の本ではないですが↓



ふわふわ豆腐のレシピ

ふわふわ豆腐

豆腐百珍にのっている料理。

先生いわく、庶民人気No.1

当時、卵が1個およそ400円と高級だったため、
卵と安い豆腐、だし汁を蒸した茶碗蒸しのような一品。

『材料』
豆腐 適量

卵 適量

(豆腐と卵は同量)

だし汁 適量

三つ葉 適量

『作り方』
1.ボウルに卵と同量の豆腐を混ぜ合わせる。

2.①にだし汁も加えて混ぜる。

3.②を土鍋に入れてふたをして蒸す。

4.三つ葉をそえてできあがり。

※あまり詳しくは紹介されませんでした。

かなり見た目が違いますが
こちらも「豆腐百珍」を参考にしたふわふわ豆腐のレシピです↓

【まる得マガジン】豆腐活用術!ふわふわ豆腐&はんぺん豆腐のレシピ!江戸グルメ本




この日に紹介された江戸グルメのレシピはこちら↓
シューイチ:利休卵&揚げながしのレシピ!江戸グルメ(豆腐&卵)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ