卵かけご飯

2021年2月8日放送の「逆転人生」は
「卵かけご飯に大行列 “ひねくれ者”が夢を実現」

卵かけご飯専門店「但熊(たんくま)」の紹介!

スポンサードリンク




卵かけご飯専門店「但熊(たんくま)」

兵庫県の山あいに、14年間、週末の行列が途切れない
卵かけご飯専門店「但熊(たんくま)」があります。

卵かけご飯ブームの先駆けで
週末は5時間待ちも記録したことがあるとのこと。

店主は西垣源正さん。
50年以上卵と米の味を追求してきました。

高校卒業後、父親から養鶏と米作りを継いだ西垣さん。

かつては どちらもじり貧でした。

手間暇かけた卵は買いたたかれ
自慢の塩むすびより、コンビニの
おにぎりがいいと言われました。


そして、うまい卵とうまい米ということで
思いついたのが「卵かけご飯専門店」。

これを周囲に話すと大反対されたのですが、お店を出すことに。

米の味を引き出すため
炊き方も徹底的にこだわりました。

米は玄米のまま保存し毎朝 その日の分だけ精米。

地元の水を使いガス釜で炊くことに。

卵はもちろん 産みたての新鮮なもの。

黄身と白身のバランスがよいため
あえて小ぶりなSやMサイズを使うことにしました。

試行錯誤の末に たどりついた1杯は
ごちそうだと胸を張れる味でした。

着想から3年後、卵かけごはんのお店をオープン。

みそ汁と漬物を合わせたシンプルな定食350円(現在は410円)。

思いきって卵はかけ放題に。

開店後は物珍しさもあって
テレビにも取り上げられました。

マスコミのおかげもあって店は大にぎわい。

一過性のものと覚悟していましたが
その後も大きく客は減りませんでした。

そしてさらにうれしいことに、
町を出て就職して結婚した娘の貴代さんが
旦那さんを連れて帰ってきたのです。

新たに始めた卵のスイーツ店(弐番館)で店長も務めています。

♪————————-♪
お店:但熊(たんくま)
住所:兵庫県豊岡市但東町栗尾916
HP:★但熊(たんくま)
♪————————-♪


スポンサードリンク