柳澤英子の作り置きレシピ

2021年4月18日放送の「がっちりマンデー!!」
儲かる「スゴ技お惣菜ビジネス」

ここではネット通販の冷凍お惣菜「旬をすぐに」の紹介!

スポンサードリンク

ネット通販の冷凍お惣菜「旬をすぐに」に

埼玉県本庄市にあるファンデリーは
宅配用のお弁当やお惣菜を作っている会社。

なかでも今グイグイ来ているお惣菜が「旬をすぐに」。

ネット通販の冷凍お惣菜「旬をすぐに」。

オーブンで焼き上げた鶏肉をじっくりと煮込んだマッサマンカレーなど
1人前の単品お惣菜が398円から。

そしていろいろな小さなお惣菜を9つセットにした「旬すぐボックス」は998円から。

人気の秘密はその味。

スタッフがいただいてみると「本当に美味しい。」とのこと。

安さのヒミツは食材の仕入れにあるとのこと。

野菜やお魚はどうしても旬の時期はとれ過ぎて市場に出すと
激安に買い叩かれたり、売れなかったりすることも。

その情報をファンデリーはいち早く教えてもらい、
市場の値段よりもちょっとだけ高く買うのです。

そして、商品開発チームに仕入れた食材を報告。

「旬をすぐに」はメニューを決めてから食材を仕入れるのではなく、
安い食材を仕入れてからメニューを考えます。

今ある食材を組み合わせてできる惣菜メニューをその場で決定!

1週間後には売り出してしまいます。

飲食店だと普通は1ヵ月前くらいからメニューを考えますが
ここは考えて、すぐ試作して、すぐ製造。

毎日違うメニューを作ります。

同じ食材が毎日毎日入ってくる訳ではいので
その時々である食材で作っているのでメニューもコロコロ変わります。

スポンサードリンク

旬の食材を安く仕入れておいしいお惣菜にするファンデリーですが、
もうひとつ味を決めるスゴいものが工場にあるとのこと。

それが急速冷凍機。

なんと一般的な業務用冷凍機の3倍以上のパワー。

普通ならマイナス20度くらいのところを
マイナス70度で一気に冷やします。

わずか15分でカチンコチンに!

-70度で冷凍することによって美味しさを閉じ込めることができます。

ものすごく早く超低温で冷凍することで
細胞を壊さず旨みも食感もそのままで凍らせることができるとのこと。

食材はなるべくお手頃価格で仕入れて、
とびきりの冷凍機でバンバン凍らせる!

これがファンデリーの儲かりお惣菜作戦なのです。


全て冷凍の状態で届き、
調理は電子レンジで温めるだけ。

注文はサイトからできます。

こちらをどうぞ↓
旬をすぐに