掃除、ブラシ

2021年4月28日放送の「あさイチ」。
「エコもお得も!プラごみ&電気代 削減大作戦」

ここでは達人が教える削減の知恵ベスト3!

・ホタテ貝殻パウダーの溶かしスプレーで掃除をする
・固形せっけんを使う
・ペットボトルは買わず、欲しくなったら(mymizu/マイミズ)アプリを使う

スポンサードリンク

プラごみ削減の技ベスト3!

大阪府に住むプラごみ削減の達人・野村蘭さん。
プラスチックごみを減らすアイデアを3年前からSNSで発信しています。

①ホタテパウダーで掃除

掃除クリーナーの作り方

用意するもの

水1リットル
ホタテの貝殻を焼いたパウダー 1g

作り方

1.水1リットルにホタテの貝殻を焼いたパウダーを1g入れて溶かしスプレー容器に入れる。

※パウダーは園芸用などほかの用途もあるので掃除用のものを使うようにします。

※使えない素材があります。
アルミ、コーティングされていない木材、革製品、漆などには使えません。

※目の高さよりも高い位置では使わないようにします。

※目に入った場合には水でよく洗い流します。

2.このスプレーで1本でトイレ、キッチンの油汚れ、床など家中の様々な汚れを落とします。

ホタテ貝殻のパウダーはアルカリ性が強く油汚れにききます。

このクリーナーを使い始めたことでボトルや詰め替えパックをほとんど買わなくなり
プラごみが大幅に減らせたといいます。

このような商品もあります↓

スポンサードリンク

液体の廃止

ハンドソープ、ボディソープ、食器用、洗顔用、シャンプーなどすべての洗剤を固形石けんに変えたとのこと。

皿洗いで使うのは食器洗い専用の固形せっけん。
スポンジに、こすりつけて使うと泡立ちます。

お値段は1個100円。
2か月ほど、もつとのこと。

手洗いでも使うのは固形せっけん。
シャンプーや洗顔に使うせっけんはちょっとお高めのものを選んでいるそうですが
それでも年間3万円ほどの節約になっているのだそうです。

ペットボトルを買うのをやめた

水筒を持ちあるくようにし、外でペットボトルを買うのをやめたら月に7~8000円の節約になるとのこと。

でも、外出先だと急に水が足りなくなってしまったときなどペットボトルが買いたくなることもありますよね?

そこで最近、ある便利なアプリを使い始めまたそうです。

このアプリ(mymizu/マイミズ)は、現在地から無料で水をくめる場所を探すことができます。

東京・銀座の大手雑貨店(無印良品)でも去年7月から全国260あまりの店頭に給水スポットを設置。
商品を買わなくても無料で給水できますす。

mymizu(マイミズ)アプリ

mymizu(マイミズ)アプリはこちらからどうぞ↓

mymizu

mymizu
開発元:Social Innovation Japan
無料
posted withアプリーチ